看護師でも責任のない仕事はある!命に関わらない15の職場と穏やかに働く7つのメリットを紹介

    「看護師だけど責任のない仕事で働きたい..」

    「もう命に関わる仕事はしたくない..」

    と思うことはありませんか?

    誰かの役に立ちたい、やりがいのある仕事がしたいと看護師になっても、つねにつきまとうプレッシャーや看取りのツラさに心が折れてしまう人も多いですよね。

    では、どんな仕事なら責任が少なく、プレッシャーを感じずに働けるのでしょうか。

    この記事を見ればプレッシャーを感じずに働ける職場はどこなのか、どうやって自分に合う仕事を絞り込めばいいのかがわかります。

    「苦しむ姿を見たくない」「精神的にも肉体的にも負担が大きい」と転職を考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    • 残業が少ない職場で働きたい
    • 急変がない職場で働きたい
    • 気持ちに余裕を持ちながら働きたい

    看護師なら誰もが1度は「もう少しラクに働きたい」と思うものですが、心のどこかで看護師がラクな環境で働くのは無理だと諦めていませんか?

    もちろん看護師の仕事にラクな勤務先はないものの、働きやすい職場は存在します。当サイトが100人の看護師にアンケートをおこない、ラクな診療科目がわかりました。

    診療科目おすすめポイント

    眼科
    (100人中20人)
    流れ作業で力仕事が少ない
    病棟もクリニックも比較的ラク
    健康な人が多くADLが自立している

    精神科
    (100人中16人)
    夜勤の際に急変がない
    内服管理で1日が終わることもある
    特別な技術を問われない

    整形外科
    (100人中13人)
    急変や点滴管理が少ない
    夜勤で仮眠がしっかりとれる
    他の科に比べ重症度が低い

    ランキング上位3つの診療科目は「残業が少ない」「患者さんが自立している」「急変がない」など特徴があり、看護師が働きやすいです。

    看護師であってもゆっくり働くことは可能なので、働きやすい職場を探してみてくださいね。

    \ おすすめの転職エージェント /

    おすすめの転職サイトランキング

    目次

    看護師の責任のない仕事に共通する3つの特徴

    ときに人の命を預かる看護師はストレスやプレッシャーに押しつぶされそうになることもあり、責任のない職場で働きたいと考える人も多いのではないでしょうか。

    責任のない仕事には共通する特徴があるので、これから紹介する3つの共通点が多いほど看護師にとってラクな職場です。

    責任のない仕事に共通する特徴
    1. 患者の容態が落ち着いている
    2. 残業がなく定時で帰宅できる
    3. ADLが自立している
    この3つが
    特徴です

    患者の容態が落ち着いている職場は精神的なプレッシャーから解放されるだけでなく、看護師が無理なく働ける条件が揃っています。

    どんな職場なら命を預かる現場から離れられるのか、責任のない仕事に共通する特徴を3つ紹介します。

    1.患者の容態が落ち着いている

    急性期のようにすぐに急変する可能性のある職場では気を張って働かなければいけませんが、容態が落ち着いていれば精神的な負担が少ないです。

    バイタルサインのチェックや基本的なケアが多く仕事内容がルーティン化されているので、複雑な医療技術を求められないのが特徴です。

    容態が落ちついている患者の特徴
    • 慢性疾患を抱えている場合でも、症状が安定している
    • 睡眠の質が良好で、十分な休息が取れている
    • 合併症のリスクが低く、症状悪化の兆候が見られない

    容態が安定していると看護師の精神的なプレッシャーが軽減されるため、落ち着いて業務にあたれます。

    働きやすい職場の条件に患者の容態が安定していることをあげる看護師も多いので、プレッシャーから解放されたい人は容態が落ち着いている職場がおすすめです。

    2.残業がなく定時で帰宅できる

    残業がなく定時で帰宅できる職場は仕事が忙しくなく、業務内容が落ち着いているということです。

    定期的なケアが中心で突発的な業務が少ないので、仕事にかかわるストレスが軽減します。

    定時で帰宅できる職場の特徴
    • ルーティンワークが多く、仕事内容が予測しやすい
    • 緊急を要する処置が少なく、予定通りに仕事を進められる
    • 必要なスタッフが十分に配置されている

    業務内容が落ち着いている職場はミスをするほど業務がひっ迫していないので、新人やブランクがある看護師でも無理なく働けます。

    精神的・身体的に余裕がある状態で患者と接することができ、質の高いケアが提供できます。

    3.ADLが自立している

    食事や入浴、着替えやおむつ交換などの生活介助が不要な場合、肉体的な負担が少なくほかの業務に集中できます。

    ADLが自立している患者の多くは容態も安定しているので、プレッシャーを感じずに働けます。

    ADLが自立している職場で働くメリット
    • 力仕事が少なく、ケガや疲労のリスクが軽減する
    • 緊急対応やケアが少なく、精神的にストレスがかからない
    • ポジティブなコミュニケーションが多く仕事の満足度が高まる

    ADLが自立している患者は看護の必要性や介護度が低いので、心身ともに負担が少ないのが特徴です。

    命に関わる疾患がある患者は少ないので、責任のない仕事をしたい看護師におすすめの環境です。

    ▲目次へ戻る

    病院で命に関わらない看護師の仕事5選

    「命に関わる仕事はしたくない」「プレッシャーに耐えられない」と考える看護師でも、医療現場が好きで離れたくないと考える人もいます。

    そこで、病院で命に関わらない診療科を5つ紹介するので、責任のない仕事を探している人は参考にしてください。

    病院で命に関わらない仕事
    1. 皮膚科
    2. 整形外科
    3. 精神科・心療内科
    4. 回復期
    5. 眼科
    この5つが
    おすすめ

    これから紹介する5つの診療科は命に関わる状況の患者が少ないのが特徴なので、プレッシャーを感じず業務をこなせます。

    つねに気を張り仕事に疲れてしまった人でも無理なく働ける職場なので、特徴やメリットを詳しく紹介していきますね。

    1.皮膚科

    ほかの診療科は病棟か外来なのかで紹介されることが多いものの、皮膚科は専門病棟が少なく外来やクリニックでの勤務がメインになります。

    痛みやかゆみなどの疾患を抱えている患者も命に関わる症状ではなく、精神的にも肉体的にもほかの診療科よりもラクなケースが多いです。

    おもな仕事✓ 患者の誘導や準備、診察補助
    ✓ 治療に必要な物品の準備
    ✓ カルテの管理や入力
    メリット✓ 日勤のみで生活のリズムが安定する
    ✓ 緊急対応が少なくストレスが少ない
    デメリット✓ 緊急時の対応スキルが低下する可能性がある
    ✓ 季節性の疾患が増える時期は仕事が忙しい

    皮膚科は重篤な疾患や手術がないこともあり、命に関わるような仕事はしたくないという人におすすめです。

    皮膚科特有の疾患や専門知識を覚えなくてはいけませんが、慣れればルーティンワークをサクサクこなせるようになりますよ。

    2.整形外科

    整形外科は専門領域や治療部位が細かく分かれており、症状だけでなく年齢層が幅広いのが特徴です。

    おもな仕事✓ 処置の準備や治療、診察補助
    ✓ 術前・術後の管理
    ✓ 治療経過に合わせ日常生活のサポート
    メリット✓ 緊急対応が少なく夜勤でもナースコールが少ない
    ✓ 回復すればADLが自立しサポートがいらない
    デメリット✓ 介助が必要な患者が多く腰痛の危険性がある
    ✓ 2~3日で退院する患者もおり、信頼構築が難しい

    入退院が多く毎日のように慌ただしい職場ではありますが、重篤な症状ではないため精神的に余裕をもって働けます。

    ほかの科よりも若い患者が多く緊急を要する対応が少ないので、術後の痛みをコントロールできれば夜勤もしっかりと仮眠が取れる診療科です。

    3.精神科・心療内科

    精神科や心療内科の患者は身体ではなく精神の疾患で入院しているため、命に関わるような重篤な疾患を抱える患者が少ないのが特徴です。

    点滴や採血などの検査はありますが、行動な看護スキルは要求されないこともあり看護師から人気が高い職場です。

    おもな仕事✓ コミュニケーションをもとに心のケア
    ✓ 投薬状況の把握や管理
    ✓ 患者の精神状態や行動の観察、記録
    メリット✓ ほかの科よりもルーティンワークが多い
    ✓ 容態急変や医療処置が少ない
    デメリット✓ 感情的な負担がかかりストレスが溜まる場面がある
    ✓ 対応が難しい患者もいる

    容態が安定していれば1日中コミュニケーション中心で終わることもあり、精神科や心療内科は心身の負担が少なく40代以降の看護師でも無理なく働けます。

    時間はかかるものの元気になり社会復帰する姿をサポートできるので、生活に寄り添う看護がしたい人におすすめです。

    4.回復期

    回復期は在宅復帰を目指してリハビリをおこなう病棟なので、高度な医療行為は求められないのが特徴です。

    ほかの病棟よりも急変のリスクが少なく、回復に向かって一緒に歩んでいくため和気あいあいとした雰囲気で働けます。

    おもな仕事✓ 身体管理
    ✓ 患者と家族のメンタルケア
    ✓ 日常動作も含めたリハビリ
    メリット✓ チーム医療が経験できる
    ✓ 計画的に業務が進行し、定時で帰宅しやすい
    デメリット✓ 急性期のスキルが鈍ってしまう
    ✓ 多職種との連携が多くコミュニケーションが難しい

    回復期の病棟は急性期のような緊急対応が少ないため、比較的落ち着いた環境で仕事ができます。

    基本的な看護業務や身体介助、多職種とコミュニケーションを取りながら働けるので、1人の患者とゆっくり関わりたいと向いている人におすすめです。

    5.眼科

    眼科は点滴や軟膏などの処置や術後の準備やケアがおもな仕事内容で、命を左右する重症な疾患が少ないのが特徴です。

    眼の疾患だけで身体が元気で健康な人が多く看護度も重症度も低いので、精神的な負担が少なくラクだと感じる看護師が多いです。

    おもな仕事✓ 視力や視野検査、診察補助
    ✓ 術後のケアや点眼薬の使用方法を指導
    ✓ カルテ入力や書類の作成
    メリット✓ ルーティンワークが多く仕事を覚えるとラク
    ✓ 臨床経験があれば採用されやすい
    デメリット✓ ほかの診療科で必要となるスキルが身につかない
    ✓ 細かい作業や視力検査などの身体的負担が多い

    ADLが自立し日帰りや一泊二日など短期入院が多いので、眼科特有のバタバタは多いものの流れ作業で仕事をこなせます。

    検査や検診のサポートが多く命に関わる重大なミスをすることが少ないので、気を張らずに働けるのも眼科ならではです。

    あわせて読みたい
    看護師でのんびり働きたい人必見!ゆっくり働ける職場の特徴と100人が選ぶラクな診療科ランキング 「毎日忙しすぎて今すぐにでも辞めたい」 「夜勤や残業ばかりで心も体もボロボロ」 と悩んでいませんか? 毎日頑張って働いていても、あまりの激務で心が折れ「もう頑張...

    ▲目次へ戻る

    病院以外で命に関わらない看護師の仕事10選

    どんなに責任が少なくとも夜勤がある病棟は嫌だと考える看護師は多く、可能であれば日勤のみの仕事がいいと考えてしまいますよね。

    そこで、日勤メインで働ける命に関わらない仕事を10個紹介するので、職場選びの参考にしてください。

    病院以外で命に関わらない仕事
    1. クリニック
    2. 健診センター
    3. 保育園
    4. 介護施設
    5. コールセンター
    6. 医療機器メーカー
    7. 産業看護師
    8. 美容クリニック
    9. 治験コーディネーター
    10. 看護師ライター

    命に関わらない仕事は精神的な負担が軽減し、日勤のみであれば肉体的な負担も少ないので、無理なく働きたい看護師におすすめの仕事です。

    責任のない仕事を探している場合は医療現場から離れるのも選択肢の1つなので、職場ごとの特徴を解説していきますね。

    1.クリニック

    クリニックは病院よりも規模が小さく症状が軽い患者が多いので、命に関わるような緊急事態が少ないのが特徴です。

    どの診療科で働くのかで仕事内容は異なりますが、自分の経験を活かして働けます。

    おもな仕事✓ 患者の誘導や診察のサポート
    ✓ 注射や採血、点滴などの医療行為
    ✓ カルテの管理
    メリット✓ 日勤のみで診療時間が決まっているため
    ✓ 定期的に患者が来院し、長期的な関係を築ける
    デメリット✓ 夜勤がないこともあり給与が低い
    ✓ スタッフが少ない場合、1人当たりの業務量が多い

    クリニックは比較的軽度の患者が来院するため心理的負担が少なく、特定の分野のスキルを習得できるのがメリットです。

    ワークライフバランスと働きやすさを重視する看護師におすすめの職場なので、興味のある分野や経験を積みたい診療科を探してみてください。

    2.健診センター

    健診センターは病気の早期発見を目指す医療機関ということもあり、すぐに命に関わる事態が少ないのが特徴です。

    健康診断の実施から健康相談まで業務内容は幅広いものの、採血が得意な看護師にピッタリの仕事です。

    おもな仕事✓ 血圧や身長、体重測定、採血などの健康診断
    ✓ 健康相談や結果に基づいたアドバイス
    ✓ 診断結果のデータ入力
    メリット✓ 日勤のみで夜勤がなく、規則正しい生活が送れる
    ✓ 多様な検査や機器の操作を経験できる
    デメリット✓ 夜勤手当などがなく、給与水準が低い
    ✓ キャリアアップの機会が限られる

    健診センターで働く看護師は患者との関りや幅広いスキル習得などメリットがある一方で、給与面での制約や繁忙期の忙しさなどデメリットもあります。

    健康な受診者相手ということもあり気を張らずに働けるので、命に関わる仕事、責任がある仕事はやりたくないという人におすすめの仕事です。

    3.保育園

    保育園は元気な園児の健康管理やケガの処置、衛生管理がメインなので、子どもの健康を預かるものの命の危機に瀕する場面は少ないです。

    子ども達の安全を守りながら保育士のサポートもおこなうので、子どもが好きな人にピッタリの職場です。

    おもな仕事✓ 子ども達の健康状態を確認する
    ✓ ケガや病気の処置をおこない、必要があれば医師に連絡する
    ✓ 園内の衛生環境を整え、感染症を予防する
    メリット✓ 通常は日勤のみで土日休みが多い
    ✓ 子ども達と日常的に接し、明るい気持ちで働ける
    デメリット✓ 看護師としてのキャリアやスキルアップが難しい
    ✓ 感染症流行時の健康管理が難しい

    保育園は定時勤務でプライベートの時間を確保しやすく、子ども達と関りながらストレスの少ない環境で働けます。

    子どもが好きでなければ務まらない仕事ではありますが、責任の少ない仕事を探している看護師にとって魅力的な選択肢の1つです。

    4.介護施設

    一般的には65歳以上の要介護認定を受けている施設で働くことが多く、特養や老健、老人ホームなど勤務先の選択肢が多いのが特徴です。

    慢性的な疾患を抱えている利用者も症状が落ち着いていることが多いので、重い責任を負いたくないという人でも無理なく働けます。

    おもな仕事✓ バイタルチェックや投薬管理など健康管理
    ✓ 軽い傷の手当や必要に応じて処置
    ✓ 緊急時やアクシデントの対応
    メリット✓ 日勤のみ、短時間など勤務時間を調節しやすい
    ✓ 高度な医療行為や緊急対応の頻度が少ない
    デメリット✓ 専門性の高い医療スキルを求められない
    ✓ 緊急時に高度な医療行為が難しい

    施設によって勤務時間やオンコールの有無など勤務体制が異なるので、自分に合った職場を探すことが重要です。

    入居者の重症度が高い職場は人工呼吸器などの管理もおこなうので、責任が少ない仕事を探している人は健康状態が良好な施設で働くことをおすすめします。

    5.コールセンター

    製薬会社や保険会社、医療機器メーカーなどで健康相談をおこなうコールセンターは、健康に関する問い合わせに電話でアドバイスします。

    直接処置をおこなうわけではないので、命に関わらない仕事をしたいと考えている看護師にピッタリの職場です。

    おもな仕事✓ 服薬や病気に関する健康相談
    ✓ 緊急かどうか判断する受診相談
    ✓ コール内容や対応結果の記録
    メリット✓ 残業がなく定時で帰宅できる
    ✓ 緊急対応が少なくストレスの少ない環境で働ける
    デメリット✓ 医療行為が少なくスキル向上が難しい
    ✓ 患者や家族からのクレームに対応しなければいけない

    電話越しで内容を理解し対応しなければいけない難しさはありますが、研修やマニュアルがあり初めての人でも安心して働けます。

    コールセンターならではの大変さはありますが、重篤な症状の対応はないので責任のない仕事を探している人に魅力的な選択肢の1つです。

    6.医療機器メーカー

    看護師の資格がなくとも医療機器メーカーで働けますが、自社製品の営業活動をおこなうフィールドナースは医学的な視点で営業が求められます。

    医療関係者とのやり取りに慣れている看護師は医療機器メーカーの営業に最適なので、今までの経験を活かし企業で働けます。

    おもな仕事✓ 製品のデモンストレーション
    ✓ クレームがあった場合の初期対応
    ✓ 説明書やマニュアルの作成・更新
    メリット✓ 夜勤がなく土日休みで働ける
    ✓ 企業で働くため、福利厚生が充実している
    デメリット✓ 求人が少ないうえに採用枠が少ない
    ✓ 医療行為がなく、現場の感覚を維持するのが難しい

    患者や利用者ではなく病院相手に仕事をおこなうため、患者の命を預かる責任の大きい仕事は嫌だという人におすすめの仕事です。

    ただし、医療の知識だけでなく営業やマーケティングの知識を求められるので、自分に合う働き方なのか見極めてから働き始めてくださいね。

    7.産業看護師

    企業で従業員の健康管理や労働環境の改善をおこなう産業看護師(企業看護師)は、一般企業で働くため福利厚生が充実した職場で働けるのが特徴です。

    病院や施設と働く看護師とは違い企業の医務室で働くため、残業なしで土日祝日休みなど看護師には魅力的な労働条件が整っています。

    おもな仕事✓ 社員の健康診断や保健指導、健康相談
    ✓ メンタルヘルスケア
    ✓ 急病人やケガ人の対応
    メリット✓ 日勤中心で生活のリズムが整う
    ✓ 緊急時の対応が少なく、精神的なストレスが少ない
    デメリット✓ 今までのスキルを活用する機会が限られる
    ✓ 求人が少なく転職難易度が高い

    産業看護師は医療行為ではなく予防医療や健康管理能力が求められるので、命にかかわる重大な場面に遭遇する可能性が非常に低いです。

    事務作業がメイン、1人で数百人の社員の管理をおこなうなど大変さはありますが、責任のない仕事を探している人におすすめの職場です。

    8.美容クリニック

    美容クリニックは綺麗になりたいと望む患者が来院してくるため、命に関わる疾患がない健康な人を相手にするのが病院との違いです。

    美に興味関心が強い看護師にしか務まらない仕事ではありますが、日勤のみで収入が高いこともあり若い看護師を中心に人気が高い職場です。

    おもな仕事✓ 患者の誘導や医師の診察補助
    ✓ レーザー治療や点滴、注射などの美容施術
    ✓ 美容施術に関するカウンセリング
    メリット✓ 日勤のみだが病棟同等の収入を得られる
    ✓ 福利厚生の一環で美容施術を受けられる
    デメリット✓ 臨床経験にカウントされない場合がある
    ✓ 接遇や顧客対応スキルが求められる

    今までとは異なる環境で働く大変さはありますが、命に関わる疾患はないに等しく精神的な負担が少ないです。

    美しくなりたい人のサポートをしながら自分も綺麗になれるので、日勤のみでガッツリと稼ぎたい方はチャレンジしてみてください。

    9.治験コーディネーター

    CRCとも呼ばれる治験コーディネーターは、製薬会社などが新薬開発のために臨床試験をする治験をおこなうのが仕事です。

    治験コーディネーターになるために資格は必要ないものの、看護師のような資格や臨床経験があると有利です。

    おもな仕事✓ 治験内容や目的、リスクを説明し同意を取得する
    ✓ データ収集のサポートをする
    ✓ 治験のデータ入力や管理
    メリット✓ ルーティンワークが多く緊急対応が少ない
    ✓ 治験に関すjる知識やスキルを習得できる
    デメリット✓ データの管理や入力など事務作業が多い
    ✓ リスク管理のため精神的な負担がかかる

    治験コーディネーターは充実なサポート体制が整っているため、比較的負担の少ない環境で働けます。

    事務作業が多く看護師の仕事とは違う部分が多いものの、慣れればルーティンワークが多く負担が少ないのが治験コーディネーターの魅力の1つです。

    10.看護師ライター

    看護師としての経験を活かしコラムや記事の執筆をおこなう看護師ライターは、看護師の副業としても人気がある仕事の1つです。

    今までの経験を活かしつつ医療現場から距離を置けるので、精神的なストレスから解放されたい人におすすめの働き方です。

    おもな仕事✓ 医療や健康に関する記事の執筆
    ✓ 医師や看護師などへ取材・インタビュー
    ✓ 第三者が執筆した記事の校正
    メリット✓ 自宅で作業できる
    ✓ 文章力やリサーチ能力が上がる
    デメリット✓ 医療現場の感覚を維持するのが難しい
    ✓ 案件ごとに収入が異なり、収入が安定しない

    自宅で作業できるということもありストレスのない環境で働けるだけでなく、わずらわしい人間関係からも解放されます。

    どんな仕事でも看護師の責任がつきまとって嫌だという人は、1度在宅ワークを経験してみるのも悪くないですよ。

    ▲目次へ戻る

    看護師が責任のない仕事で働くメリットとデメリット

    看護師でも責任が少なく命に関わらない仕事はありますが、当然メリットだけでなくデメリットもあります。

    メリットとデメリットどちらが上回るのかで働くのか検討したほうがいいので、両方紹介していきますね。

    メリットとデメリット
    1. メリット
      精神的なストレスの軽減、定時で帰宅できる など
    2. デメリット
      収入が下がる可能性がある、スキルが上がらない など
    比較して
    検討して
    ください

    責任のない仕事で働くとプレッシャーから解放され、穏やかな気持ちで仕事ができます。

    今後のキャリアを考えたうえで責任のない仕事につくのか考えたほうがいいので、メリットとデメリットどちらも紹介していきますね。

    責任のない仕事をする7つのメリット

    責任の重い仕事はプレッシャーやストレスが大きく、心穏やかに働ける職場がいいと考える看護師は非常に多いです。

    とくに医療の最前線や終末期で働いていた人ほどメリットは大きいので、責任のない仕事の良い部分を7つ紹介します。

    責任のない仕事のメリット
    • 重篤なケアがなく精神的なストレスが軽減する
    • 仕事が忙しくなく、定時で仕事が終わることが多い
    • 定時で帰宅しプライベートの時間が充実する
    • 人間関係が良好なケースが多く、働きやすい
    • 緊張感や不安感から解放される
    • 安全でリスクのない労働環境が多く、ミスが少ない
    • 患者やクライアントとしっかりコミュニケーションが取れる

    激務で家に帰っても仕事の事ばかり考えている、疲れが抜けない看護師にとって、人の命を預かる仕事から離れると生活や気持ちに余裕ができます。

    健康管理や予防医療など命を預かる仕事でなくとも感謝される場面は多いので、やりがいを感じながら働けますよ。

    責任のない仕事をする3つのデメリット

    責任のない仕事はプレッシャーから解放され充実して働ける一方で、デメリットも存在します。

    これから紹介する3つのデメリットは、おもに「しっかりと稼ぎたい」「つねにスキルアップしたい」と考えている人ほど重要な問題です。

    責任がない仕事のデメリット
    • 夜勤や残業がなく収入が下がる可能性がある
    • ルーティンワークが多く退屈さを感じる可能性がある
    • 高度な看護スキルが身につかない

    責任のない仕事の多くは初歩的な看護スキルしか求められない傾向にあるため、同じ作業の繰り返しや専門性の低い仕事ばかりで物足りなさを感じてしまう可能性があります。

    今後どういうキャリアを歩みたいのかで選択する道が変わるので、自分の気持ちと向き合ってみてください。

    ▲目次へ戻る

    看護師ごとに違う責任のない仕事に求める条件

    「責任のない仕事がいい」「命に関わる仕事はしたくない」と思っても、責任がなければどんな仕事でもいいわけではないですよね。

    自分のペースで働ける仕事がいいなど1人1人求める条件が異なるので、よくある3つの理想を紹介します。

    看護師ごとに違う責任がないの条件
    1. 仕事内容の負担を減らしたい
    2. 人と関わらずに働きたい
    3. のんびりした性格を活かしたい
    よくある
    条件です

    ひとことで責任のない仕事と言っても自分のペースで働きたい、なるべく人と関わりたくないなど理想が違うので、どんな職場が自分に合っているのか考えてみてください。

    理想の職場が見つかればやりがいを感じながら働けるので、求める条件に合わせておすすめの職場を紹介していきますね。

    1.仕事内容の負担を減らしたい

    慌ただしい職場で働いていると、仕事の負担を減らしプライベートを充実させたいと願ってしまいますよね。

    プライベートを充実させられる職場には7つの条件があるので、ゆるく働ける職場の特徴を紹介します。

    ゆるく働ける職場の条件
    • 残業がない
    • 夜勤がない
    • 土日祝日休み
    • 有給休暇が取りやすい
    • 重症患者が少ない
    • 精神的な負担が少ない
    • 比較的仕事内容が簡単

    仕事内容が簡単で高収入など理想の条件を全て叶える職場はないものの、看護師であってもラクな職場でゆるく働くことは可能です。

    仕事の負担が少ない職場は人間関係が良好で働きやすい傾向にあるので、理想の職場を探してみてくださいね。

    あわせて読みたい
    看護師がゆるく働くことは可能!仕事内容が楽なおすすめの勤務先と転職する際の注意点を解説 「ゆるく働ける職場に転職したい」「看護師だけど楽な仕事がしたい」 と思うことはありませんか? 残業や夜勤など激務が続いていると、心身の負担が少ない職場で働きた...

    2.人と関わらずに働きたい

    看護師の仕事は医師やスタッフ、患者や利用者など多くの人と関りながら働かなければいけないので、人との関りに疲れてしまいますよね。

    完全に1人でできる仕事は少ないものの、黙々と仕事に取り組める、看護師の数が少ない職場は存在します。

    人との関りが少ない職場の一例
    • 訪問看護
    • 企業の医務室
    • コールセンター
    • イベントナース
    • 健診・検診センター

    自分の仕事を黙々とこなせる、看護師の配置が少なく気を使わずに働ける職場は、自分のペースで仕事ができます。

    他社との関りが少ない職場は仕事に集中できるメリットがあるので、人間関係に悩んでいる方は1人でできる仕事を探してみてください。

    あわせて読みたい
    看護師が一人でできる&少人数の仕事13選|自分のペースで働くメリットとデメリットも解説 「人のペースに合わせて働くと疲れてしまう」 「できることなら一人でできる仕事がしたい」 と思うことはありませんか? 職場で働くスタッフの数が多いほど人間関係に悩...

    3.のんびりした性格を活かしたい

    看護師の仕事はハードで性格がキツイ人が多いので、のんびりした性格の人は向いていないと悩む場面は多いです。

    テキパキ動けず職場に馴染めないと感じる人が多いものの、のんびりした性格を活かして働ける職場はたくさんあります。

    のんびりした性格を活かせる職場
    • 訪問看護
    • 精神科
    • 慢性期・療養病棟 など

    のんびり、おっとりした性格の看護師はつねに落ち着きがあり穏やかな対応ができるので、周囲の人や患者のケアにプラスの影響を与えられます。

    ストレスが溜まりやすい医療現場で潤滑油ともなる存在なので、のんびりした性格を活かせる職場を探してみてください。

    あわせて読みたい
    看護師で性格がのんびりは大きな強み!おっとりしている人は何科が向いているのか適職を5つ紹介 「のんびりした性格って看護師に向いていないのかな..」 「おっとりしている性格の看護師は何科が向いているんだろう..」 と思うことはありませんか? 看護師の仕事はハ...

    ▲目次へ戻る

    命に関わらない仕事を探す際に重要な3つのポイント

    命に関わらない、責任のない仕事はありますが、闇雲に職場を探しても転職に失敗してしまいます。

    どうやって理想の職場を探せばいいのか、仕事を探す際に重要な3つのポイントを紹介します。

    仕事を探すポイント
    1. なぜ責任がない職場がいいのか考える
    2. 今後のキャリアを考える
    3. 第三者の意見を聞く
    この3つが
    重要です

    なぜ自分が命に関わらない職場がいいのか、今後どうやって働きたいのかを考えることが転職成功の秘訣なので、行動を始める前に自分と向き合ってみてください。

    漠然と責任のない仕事がいいと考えていると細かな条件まで考えず転職してしまうので、仕事を探す際のポイント3つを紹介します。

    1.なぜ責任がない職場がいいのか考える

    なぜ責任のない仕事がいいのか理由を考えるためにも、現状の不満や問題点を洗い出し深掘りして考えてみてください。

    自分が求めているのか明確にすることで適切な職場を選べるようになるので、よくある求める条件5つを紹介します。

    求めている条件の一例
    • プレッシャーから解放されたい
    • 体力的に無理なく働きたい
    • 生死にかかわる仕事はやりたくない
    • 急変が少なく穏やかな雰囲気で働きたい
    • 患者1人ひとりと向き合い信頼関係を築きたい

    転職する際に優先順位を決める重要性の記事でも解説していますが、何を求めているのか明確にすること転職先を絞り込めます。

    求める条件や優先順位を考えていくと希望条件が整理できるので、仕事探しに役立ちますよ。

    2.今後のキャリアを考える

    責任のない仕事の多くは基礎的な看護スキルだけで働ける仕事が多く、緊急時の対応スキルが下がってしまう可能性があります。

    看護師の仕事を活かしゆるく働きたいと考えている人なら問題ありませんが、現場から離れる期間が長いほどキャリアに影響を与えてしまいます。

    考えることの一例
    • 5年後、10年後にどうなりたいか
    • どんな職場なら長期的なキャリアを築けるか
    • 今の延長線上に実現したいキャリアはあるのか

    長期的に働ける職場を選ぶことでキャリアの持続性が高まり安定した収入を確保できるので、自分に合う職場選びはとても重要です。

    思い浮かばない場合はどんな職場で働きたいのかだけでも十分なので、将来どうなりたいのか考えてみてください。

    3.第三者の意見を聞く

    漠然と「責任のない仕事がしたい」「命に関わりたくない」と思っていても、どんな職場があっているのか自分1人で考えるのには限界があります。

    第三者の意見を聞くと客観的な視点で自分を見つめ直せるので、なぜ人の意見を聞いたほうがいいのか3つの理由を紹介します。

    第三者の意見を聞くメリット
    • 自分では気づかない視点で情報を得られる
    • 転職に関する失敗や公開を防ぐ
    • 自分の強みや弱みを再確認できる

    自分のことは自分が1番わかっているつもりでも理解するのは難しいので、第三者のアドバイスを聞くと自信を持って転職活動を進められるのもメリットです。

    先輩ナースや同僚、転職エージェントの担当者など業界に詳しい人に相談すると、有意義なアドバイスをもらえますよ。

    ▲目次へ戻る

    看護師の責任が少ない仕事はプレッシャーから解放される

    命に関わる職場は1つのミスも許されない状況で、つねにプレッシャーや責任がつきまといます。

    何年働いて看取りのツラさになれないと悩みながら働いている看護師も多いので、今の職場に不満がある場合は責任の少ない職場への転職も検討してみてください。

    まとめ
    • 命に関わらない仕事がしたい場合、医療の現場から離れるのも選択肢の1つ
    • 責任が少ない仕事は重篤なケアがなく、精神的なストレスから解放される
    • なぜ命に関わらない職場がいいのか考えることが、転職成功の秘訣

    看護師1人ひとりに合う職場は違うので、無理をしてまで命を左右するようなプレッシャーの大きな職場で働く必要はありません。

    責任のない仕事はたくさんあるので、仕事内容やメリット、デメリットを比較して転職先を絞っていってくださいね。

    ミヤ

    後悔しない選択をしたい方は、転職エージェントの担当者に胸の内を明かし二人三脚で転職活動を進めてください。


    レバウェル看護

    ナースではたらこ

    ナース人材バンク
    公開求人数約141,000件約94,000件約19,000件
    対応エリア全国全国全国
    求人が多い地域東北・関東・東海地方全域関東・東海・関西
    求人が多い施設病院
    クリニック
    介護施設
    クリニッククリニック
    介護施設
    特徴地方で面談可能
    24時間電話対応可能
    非公開求人が豊富
    クリニックの求人が豊富
    約7割が地方の求人
    逆指名制度あり
    求人総数20万件以上
    専用アプリあり
    業界最多の求人数
    おすすめの人地方在住
    勤務経験なし
    クリニックで勤務希望
    面接同行希望
    常勤希望
    ブランクがある
    詳細記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る
    公式サイトレバウェル看護ナースではたらこナース人材バンク
    SHARE
    • URLをコピーしました!
    目次