保育園で働く看護師の仕事内容とは|希少求人を探すコツから平均的な給料まで完全解説

    「子どもが好きだから保育園看護師が気になっている」
    「夜勤がない職場って魅力的だから働いてみたい」

    と思うことはありませんか?

    今まで医療機関で働いてきた看護師にとって、保育園看護師は未知なる世界で転職すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

    そこで、本記事では保育園看護師の基本情報から効率的に希少な求人を探す方法まで徹底的に解説していきます。

    結論からお伝えすると、保育園看護師は子どもが好きでプライベートと仕事を両立させたい人におすすめの職場です。

    「保育園で看護師は何をするんだろう」「自分に合う職場なのか知りたい」と考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    • もう夜勤や残業はやりたくない
    • プライベート重視で働きたい
    • 子どもが好きで関わりながら働きたい

    上記の内容に1つでも当てはまった方は、ぜひ保育園で働くことも検討してみてください。

    保育園といっても規模や公立、私立など条件によって給与や福利厚生は変わるものの、夜勤や残業がなくカレンダー通りに働ける看護師にとって夢のような職場です。

    子どもが好きで成長を見守りたい、給料よりも働きやすさを重視する人におすすめの職場なので、気になっている人はぜひチャレンジしてみてください。

    ただ、看護師1名しか配置されないケースも多く希少求人なので、転職サイトを活用し情報収集をすることが転職成功への近道です。

    \ 求人が多い転職サイトTOP2 /

    目次

    保育園で働く看護師は何をするの?5つの基本情報

    厚生労働省が看護師の常駐を義務付け、または努力義務にしていることもあり、近年増加している保育園看護師。

    しかし、あまり馴染みがなく「どんな仕事をしているのか分からない」という人が多いため、保育園で働く看護師の基本情報を5つ紹介します。

    保育園看護師の基本情報
    1. 保育園に看護師が必要な理由
    2. 保育園看護師の仕事内容
    3. おおまかなスケジュール例
    4. 保育園で働く際に必要なスキル
    5. 保育園看護師の平均的な給料
    この5つが
    解説します

    保育園で医療知識を持つ看護師として子どもの成長を見守れるため、やりがいを感じながら働いている人が多いです。

    医療機関でなくとも看護師の経験やスキルは活かせるので、保育園看護師の基本情報を詳しく紹介していきますね。

    1.保育園に看護師が必要な理由

    少し前まで保育園で働くのは保育士だけだったこともあり、保育園に看護師は必要ないと考えている方も多いです。

    しかし、厚生労働省は「私立保育園は看護師1人の常駐義務」「公立保育園は努力義務」と位置づけているため、近年では公立でも看護師を配置する保育園が増えてきました。

    保育園に看護師が必要な理由
    • 子供たちが安心して生活を送るため、緊急時の措置ができる人が必要
    • アレルギーなどを抱えている子に必要なケアや薬の管理をおこなえる
    • 健康状態をモニタリングし、発達異常などを早期に発見できる

    各園1名限りではあるものの看護師を保育士としてカウントできるため、不足している保育士不足を補うという側面もあります。

    保護者にとって看護のプロが保育園にいることは安心感につながるので、安心して子どもを預けるため保育園で働く看護師のニーズが増しています。

    2.保育園で働く看護師の仕事内容

    勤務先の保育園によって仕事内容に違いはあるものの、応急処置はするものの本格的な医療行為はありません。

    おもに園児の体調管理や衛生管理をおこなうので、保育園で働く看護師の仕事内容を紹介します。

    おもな仕事内容
    • 体調不良の園児の看護
    • 健康診断・歯科検診のサポート
    • 水道やトイレなどの衛生管理
    • 鼻水吸引、ケガの手当などの医療的行為
    • 保健だよりの作成
    • アレルギーを起こしたときの対応
    • 保育補助

    つねに健康管理やケガの対応をおこなうわけではなく、基本的には0~1歳児の保育補助をしながら体調変化に気を配るのが保育園看護師の役割です。

    園児だけでなく保育士や調理師など多くの人の健康管理や衛生指導に気を配らなければいけないので、病院とは違う大変さがあります。

    3.おおまかなスケジュール例

    働く園によってタイムスケジュールは若干異なるものの、保育園の看護師は保育と看護両方を担います。

    病院で働く看護師とは仕事内容がガラリと変わるので、保育園で働くとどうなるかタイムスケジュールを紹介していきますね。

    8:00 出勤

    働く園ごとに出勤時間は異なりますが、8時~9時の間に出勤するケースが多いです

    8:30~9:00 朝礼

    職員朝礼で情報共有をおこない、同時に欠席連絡などの電話対応もします

    9:30~11:30 保育補助

    ケガがあれば随時対応しますが、何もなければ保育補助や保育日誌なども記録をおこなう

    11:30 給食

    月齢の低い子どもを優先し食事介助をおこない、薬を服用する園児がいる場合は看護師与薬をおこなう

    12:30 お昼寝/書類作成

    子供たちを寝かしつけた後、保育士と一緒に1時間程度休憩する。
    休憩後は保育日誌などの記入をおこない、必要に応じて家族の健康相談を受けることもある

    15:00 おやつ

    午後の見回りや0歳児のおむつ交換をおこない、おやつや授乳をおこなう

    16:00~ 事務作業や保護者対応

    保健日誌の記録や、配布物の作成などの作業、必要に応じて保護者の対応もおこなう

    17:00~ 退勤

    保育園で働く看護師は8:00~17:00、8:30~17:30など8時間勤務なので、延長保育などには関与しません

    おもに0歳児クラスを担当する副担任のような位置づけになるため、看護師の仕事よりも園児と接する時間のほうが圧倒的に長いです。

    とはいえ看護師として勤務しているので、延長保育には関与せず定時に帰宅できるのが保育園看護師の魅力です。

    4.保育園で働く際に必要なスキル

    看護師または准看護師の資格があれば保育園で勤務できるため、保育士の資格は必要ありません。

    とはいえ自分の言葉で体調をうまく伝えられない園児相手の仕事なので、変化への対応力や保育補助のスキルなどが求められます。

    必要なスキル必要な知識
    ピアノの演奏
    工作やお絵かき
    子育ての経験
    観察力
    コミュニケーション能力
    基本的な応急処置
    小児医療
    感染症対策
    アレルギー

    紹介した知識やスキルはかならずしも必要ではないものの、あれば働きやすくなるため理解を深めておくと良いです。

    小児科経験や子育ての経験があれば採用側も安心して保育を任せられるので、自分の強みは何なのか考えてみてください。

    5.保育園看護師の平均的な給料

    保育園看護師は決まったスケジュールで働き残業も夜勤もないため、病院で働く看護師よりも給料は劣ってしまいます。

    給料は安いもののプライベート重視の人におすすめの職場なので、平均的な給料がいくらなのか相場を紹介します。

    スクロールできます
    公立私立
    常勤非常勤常勤非常勤
    看護師387,945円182,529円299,908円198,067円
    准看護師236,322円174,087円239,651円157,710円

    (出典)厚生労働省「令和2年度 保育園・保育所等の経営実態調査結果」

    ※常勤職員の給与には賞与年額の1/12が含まれる

    保育園看護師の年収は300万円~400万円程度と言われ、公務員扱いの公立保育園のほうが年収が100万円ほど高いです。

    また認可外保育園よりも経営が安定している認可保育園のほうが給料が高いので、経営状態なども判断し職場を選ぶと良いですよ。

    ▲目次へ戻る

    看護師が保育園で働く3つのメリット

    保育園は子供の成長を見守りながら働けるため、子どもが好きな人におすすめの職場です。

    各園で看護師は1人しか配置されないケースが多くプレッシャーはありますが、それ以上に保育園で働くメリットがあります。

    保育園で働くメリット
    1. 夜勤がなくカレンダー通り働ける
    2. 医療行為がなく精神的な負担が少ない
    3. 子育ての経験を活かして働ける
    心身ともに
    ラクです

    保育園は心身の負担が少なくプライベートの時間もしっかりと確保できるので、患者さん相手の仕事に疲れた人でも難なく働けます。

    どのようなメリットがあるのか、詳しく紹介していきますね。

    1.夜勤がなくカレンダー通り働ける

    保育士と同じように子どもと接する保育園看護師ですが、早朝保育や延長保育には関与しないので残業がありません。

    園によっては月に1回程度土曜や祝日に出勤することもありますが、基本的にカレンダー通り働けます。

    ミヤ

    どのような働き方なのか、マイナビ看護師に掲載されている認定保育園の求人を紹介します。

    勤務時間1:8時~17時(休憩60分)
    2:9時~18時(休憩60分)
    3:10時~19時(休憩60分)
    給与月収:24.1万~30.8万程度
    賞与:年2回/計3.6ヶ月
    休暇日曜日・祝日(年間休日113日)
    その他各種手当、退職金あり

    保育園看護師の求人を探すと「平日のみ」「夜勤なし」「残業ほぼなし」という好条件ばかりなので、自分の時間を大切にしたい人でも安心して働けるのが魅力です。

    2.医療行為がなく精神的な負担が少ない

    保育園に1人しか常駐していない看護師は1人で看護業務をおこなわなければいけないものの、病院のような医療行為はありません。

    園児の体調管理やケガの対応などが必要なものの、医療行為が少なく精神的な負担が少ないもの保育園看護師のメリットです。

    おもな仕事内容
    • おもに未満児クラスの保育
    • 園外保育の付き添い
    • 体調不良の園児の看護
    • 保健指導や健康診断
    • 鼻水吸引、ケガの手当などの医療的行為

    上記の仕事内容はあくまでも一例ではあるものの、基本的には看護知識を活かした保育がメインです。

    注射や採血などの医療行為が苦手な人でも安心して働けるので、生活補助や健康管理、ケガの対応だけというのも保育園看護師ならではです。

    3.子育ての経験を活かして働ける

    厚生労働省の「保育士の現状と主な取組について」という調査によると、保育士の3人に1人は30歳未満と子育てを経験していない人も多いです。

    子育て未経験も多い職場だからこそ、子育ての経験は大きな強みとなり即戦力として活躍できます。

    保育の現場で活かせることの一例
    • 絵を描く、折り紙など子どもと遊ぶスキル
    • 予測不能な行動をする子どもへの観察力
    • 子どもを育てたからこをわかる共感力

    子育てを経験しているからこそ親の視点も理解できるので、スムーズに保護者とのコミュニケーションが取れます。

    同時に折り紙や絵をかくこと、裁縫など趣味も活かせるので、看護以外のスキルを活かし楽しみながら働けますよ。

    ▲目次へ戻る

    看護師が保育園で働く2つのデメリット

    ワークライフバランスも充実し心身ともに負担の少ない保育園勤務ですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。

    デメリットも踏まえたうえで働くのか決めたほうが良いので、保育園看護師になる前に知っておきたい2つの注意点を紹介します。

    保育園で働くデメリット
    1. 医療機関よりも給料が低い
    2. 求人が少なく転職難易度が高い
    この2つが
    デメリット
    です

    今まで働いていた環境とガラリと変わるからこそ、自分に合う職場なのか検討することが重要です。

    デメリットを詳しく紹介していくので、保育園で働くのか検討してみてください。

    1.医療機関で働く看護師より給料が安い

    カレンダー通りに働けるメリットもあるものの、裏を返せば夜勤や休日出勤がなく収入が減ってしまいます。

    夜勤や残業がなければ手当も減り収入はガクッと下がってしまうので、医療機関の平均年収と比較していきますね。

    総合病院約470万円クリニック約390万円
    大学病院約490万円介護施設約375万円
    救急救命病棟約540万円訪問看護約460万円
    公立保育園約390万円私立保育園約300万円

    (出典)厚生労働省/令和4年賃金構造基本統計調査ジョブメドレー

    保育園看護師の年収は公立だと約390万円、私立だと約300万円ほどなので、年収が100万円以上下がってしまう可能性もあります。

    ただ、夜勤や残業、体力的な負担が少ないわりに年収は高い部類に入るとも言われているので、年収よりも働きやすさを重視する人におすすめの職場です。

    2.求人が少なく転職難易度が高い

    保育園に看護師を配置することを厚生労働省が推奨しているものの、私立は努力義務ということもあり各保育園に看護師がいるわけではありません。

    園に看護師は1人しかいないというケースも多く、保育園は病院やクリニック、介護施設と比べ転職難易度が高いです。

    効率よく仕事を探すコツ
    • 自治体や保育園に問い合わせる
    • 非常勤の求人を探し、経験を積む
    • 求人紹介サービスを利用する

    看護師の配置が増えてきたものの施設当たりの人数が少ないこともあり、決して求人が多いというわけではありません・

    定期的に求人をチェックし情報収集しなければ転職できない可能性もあるので、どうしても保育園で働きたい方は転職サイトの登録をおすすめします。

    ▲目次へ戻る

    保育園の求人を探す際に確認すべき5つのポイント

    今まで病院やクリニックなど患者さんをケアしてきた看護師にとって、保育園は異業種へ転職すると言っても過言ではありません。

    きちんと求人を選ばないと「こんなはずじゃなかった」と公開してしまうので、かならず確認したほうがいい5つのポイントを紹介します。

    求人内容や仕事の詳細
    業務内容や条件、必要なスキルなど細部に目を通し、自分に合う職場なのか判断しましょう
    看護師は何人配置されているのか
    看護師を1人しか配置していない園も多いので、自分だけでは不安という場合2人以上配置されている園を選ぶと良いです
    施設の規模や預かる子供の人数
    ひとことで保育園と言っても規模が異なるため、何人子どもを預かっているか確認しどの程度負担になるのか想定しておくと安心して働けます
    クラス担任になる可能性はあるか
    看護師1人までは保育士とカウントされるため担任を任せられる可能性もあります。担任と補助では負担が違うので、あらかじめ確認しておきましょう
    福利厚生は充実しているのか
    退職金の有無や、各種手当など園の規模によって大きく異なります。福利厚生が充実していないと大幅に年収が下がる可能性もあるので、確認しておくと安心です

    今までと働き方がガラリと変わる保育園への転職は不安がつきものなので、しっかりと求人を確認し自分の理想と合致しているのか、働きやすいのかチェックしましょう。

    1人で不安な場合は転職サイトを活用すれば悩みを聞いてもらえるので、自信を持って保育園へ転職できますよ。

    ▲目次へ戻る

    保育園看護師の求人が多い転職サイト3選

    看護師を配置する保育園が増えてきたとはいえ、保育園看護師の求人は少ないのが現状です。

    効率よく求人を探すためには転職サイトの活用が1番良いので、保育園の求人を多く保有している転職サイトを3つ紹介します。

    求人の多い転職サイト
    1. マイナビ看護師
    2. レバウェル看護
    3. ジョブメドレー
    効率よく
    探せます

    今まで働いたことのない保育園だからこそ、転職サイトを活用し園の雰囲気や働き方をリサーチしたほうが良いです。

    求人を多く保有している転職サイトのほうが選択肢が広がるので、特徴を詳しく解説していきますね。

    1.マイナビ看護師

    特徴
    • 定着率が低い施設は紹介しないなど、長く働ける職場を紹介してくれる
    • 相談会場が全国に20ヵ所あり、地方に住んでいる人でも利用しやすい
    • 企業や保育施設の求人数が業界NO.1
    運営会社株式会社マイナビ
    本社所在地東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
    設立1973年8月
    対応エリア全国
    拠点数24拠点
    営業時間9時30分~17時
    求人数約80,000件
    対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師など
    対応施設病院関連、介護施設、保育園、企業など
    雇用形態正社員、パート、契約社員、業務委託
    おすすめの人1つでも多くの求人を見たい
    地方在住の面談希望者
    公式サイトhttps://kango.mynavi.jp/

    求人数の約半数は非公開求人ということもあり、登録するだけでもメリットがあるマイナビ看護師。

    勤務形態や担当業務、診療科目などこだわりの条件を検索できるので、希望する条件の仕事を探しやすいサイトの操作性もマイナビ看護師が支持を得ている理由の1つです。

    面接同行や逆指名、企業や保育園の希少求人を扱うなどマイナビ看護師ならではのサービスを展開しているので、希少案件を探している人にもおすすめの転職エージェントです。

    ミヤ

    実際に医療機関に足を運び全体像を把握しているので、転職前に内部情報がわかるのもマイナビ看護師の魅力です。

    2.レバウェル看護

    特徴
    • 累計40万人突破と業界トップレベルの利用者数をほこる
    • 公開求人だけでも競合他社より圧倒的に多い14万件以上
    • とくに地方の求人に強みがあり、全国さまざまな土地の仕事を探せる
    運営会社レバデジーズメディカル株式会社
    本社所在地東京都渋谷区渋谷2-24-12
    渋谷スクランブルスクエア24F、25F
    設立2017年10月
    対応エリア全国
    拠点数11拠点
    営業時間0時~24時
    ※登録は9時~21時(平日のみ)
    公開求人数約140,000件
    対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師など
    対応施設病院、クリニック、介護施設など
    雇用形態正社員・パート・派遣
    おすすめの人地方で仕事を探している
    LINEでやり取りしたい
    1つでも多くの求人に目を通したい
    公式サイトhttps://kango-oshigoto.jp/

    圧倒的求人数をほこるレバウェル看護は、公開求人だけでなく非公開求人も業界最大級保有するなど、求職者の選択肢がグッと広がる転職エージェントです。

    「地方でも面談可能」「24時間連絡可能」など利用しやすい条件が整っているので、たくさんの求人のなかから自分に合う仕事を探したい人は登録必須と言えるほどおすすめです。

    対応施設も多く正社員や非常勤などライフスタイルに合った働き方ができるので、転職を成功させたい人は積極的に活用してくださいね。

    ミヤ

    LINEやメール、SMSで担当者とやり取りができるので、働きながらでもコンサルタントと連携しやすいのが特徴です。

    3.ジョブメドレー

    特徴
    • 会員数100万人突破・求人数業界NO.1の実績
    • ほぼすべての医療介護職を網羅し、全体の4割は介護求人
    • 入職後60日以上の勤務で勤続支援金支給(15,000円~40,000円ほど)
    運営会社株式会社メドレー
    本社所在地東京都港区六本木6-10-1
    六本木ヒルズ森タワー13F
    設立2009年6月
    対応エリア全国
    拠点数2か所
    求人数約40,000件以上
    対応職種正看護師、准看護師
    対応施設病院、介護施設など
    雇用形態正社員、契約社員、パート、業務委託
    おすすめの人自分のペースで転職したい
    介護施設や訪問看護で働きたい
    面接対策や履歴書転職などは不要
    公式サイトhttps://job-medley.com/

    ジョブメドレーは転職エージェントではなく求人サイトなので、求人をチェックし自分で応募するためペースを乱されずに転職活動ができます。

    面接対策や面接同行、履歴書添削などのサポートがないため、大まかな流れがわかっている2回目以降の転職におすすめです。

    プロフィールを充実させれば事業所からスカウトが来ることもあるので、自分に合う条件の仕事を探している人は会員登録だけでも済ませておいてくださいね。

    ミヤ

    転職エージェントのように担当者から電話が来ることもないので、自分のペースで転職したい人向けです。

    ▲目次へ戻る

    保育園で働きたい看護師の疑問を一挙公開

    保育園は今までの職場環境とガラリと変わるからこそ「こんな場合はどうなんだろう」「自分でも務まるのかな」など、色々と不安になってしまいますよね。

    そこで、保育園看護師のよくある疑問を紹介するので、不安解決に役立ててください。

    保育園で働く看護師は「使えない」って言われるの?

    長年やってきた看護ではなく保育をおこなうため、保育士から見れば「あの人使えない」と思う場面もあるかもしれません。
    しかし、仕事に慣れ保育補助ができるようになれば頼りになる存在になるので、保育士の仕事内容を覚える工夫をしてみてください。

    関連記事:なぜ保育園で働く看護師は「使えない」と言われてしまうのか

    保育園看護師の時給はいくらくらい?

    公立なのか私立なのか、認可保育園なのかなど園によって年収は大きく異なるため「時給は〇円」とは言いにくいです。
    私立の保育園看護師の年収をもとに計算すると時給は約1,400円ほどです。

    年収300万円÷12ヶ月=月25万円
    月25万円÷出勤日数22日=1日1.1万円
    1.1万円÷8時間=時給1,375円

    公立保育園の場合は1,874円なので、気になる勤務先が見つかったら時給換算してみてください。

    小児科経験なしでも保育園看護師になれる?

    病児ケアや感染症対策などをおこなうため、小児科経験があれば転職時武器になります。
    とはいえ、小児科経験は必須ではないので子育ての経験や熱意があれば保育園看護師にはなれるので安心してください。

    関連記事:小児科経験のない看護師が保育園で働く方法

    保育園看護師のスキルアップ資格はある?

    看護師または准看護師の資格があれば保育園で働けるため、資格は取得しなくても転職できます。
    どうしても保育園で働きたいという強い意志がある場合、保育士免許を取得すると採用確率が飛躍的に上がります。

    関連サイト:ユーキャン保育士講座

    保育園看護師って楽しいの?

    大前提として子どもが好きな人しか務まらない仕事ではあるものの、可愛い園児の成長を見守りながら働けて楽しいと感じている看護師はたくさんいます。
    病院のようにバタバタすることもなく気持ちに余裕をもって働けるので、成長の瞬間を見守りたい人はやりがいを感じながら働けますよ。

    関連記事:保育園で働く看護師が「楽しい」と感じる瞬間とは

    保育園で働く看護師は掃除ばかりって本当?

    保育園看護師の仕事内容の1つに園内の消毒があるため掃除ばかりというイメージがついてしまいましたが、おもな仕事内容は保育補助をおこなっています。
    掃除等よりも衛生環境を整えるのが仕事なので、決して掃除ばかりではありませんよ。

    関連記事:保育園で働く看護師は本当に掃除ばかりなのか

    保育園で働くとは言え基本的には保育補助で時間通りに帰宅できるので、ワークライフバランスを重視する人にはおすすめの職場です。

    最近では求人も増えてきているので、保育園看護師が気になっている人は1度チャレンジしてみてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    プライベート重視の看護師に保育園はおすすめの職場

    保育園看護師は医療機関とは異なる部分が多く、慣れるまでは大変なこともあります。

    しかし、子どもの成長を見守るやりがいや働きやすさで人気の転職先なので、保育園看護師が気になっている人は1度挑戦してみてください。

    医療機関のように給料は高くないものの「夜勤なし」「ほぼ残業なし」「土日祝日は休み」と看護師には理想の条件が揃っているので、プライベートと仕事を両立させたい人におすすめの職場です。

    求人の数も少なく転職難易度が高いので、定期的に求人をチェックし条件に合う職場があればすぐに応募できる体制を整えておきましょう。

    ミヤ

    保育園看護師は非公開求人が多いので、複数の転職サイトを活用し効率よく求人を探してください。


    レバウェル看護

    看護師求人EX

    ジョブメドレー
    求人数約141,000件常時140,000件前後40,000件以上
    対応エリア全国全国全国
    求人が多い地域東北・関東・東海全国を網羅大都市近郊の都府県
    求人が多い施設病院
    クリニック
    介護施設
    病院
    介護施設
    クリニック
    介護施設
    訪問看護
    クリニック
    特徴地方で面談可能
    24時間電話対応可能
    非公開求人が豊富
    複数社の求人を一括検索
    求人の一括応募が可能
    求人が探しやすい
    医療介護職を網羅
    スカウト機能が充実
    継続支援金あり
    おすすめの人地方在住
    勤務経験なし
    多くの求人を確認したい
    求人検索の手間を省きたい
    自分のペースで転職したい
    介護分野で働きたい
    詳細記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る
    公式サイトレバウェル看護看護師求人EXジョブメドレー
    SHARE
    • URLをコピーしました!
    目次