看護師が転職を成功させる秘訣は優先順位を決めること!求める条件の考え方や注意点を紹介

    「求人数が多すぎて、何を基準に選べばいいのかわからない」
    「転職はしたいが、思っていたのと違ったと後悔したくない」

    と思うことはありませんか?

    今の勤務先に不満があり転職をしようとしても、どうやって転職先を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

    看護師は求人の数が多いからこそ、優先順位を決めるだけで条件に合う求人が選びやすくなります。

    この記事を見ればなぜ優先順位を決めなければいけないのかわかり、自分の求める条件が何か明確になります。

    どうやって自分に合う転職先を見つければ良いのか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    「給料を上げたい」「残業がつらい」など転職する事情は人それぞれですが、最低譲れない条件から優先して探すのが転職活動を成功させる秘訣です。

    診療科目や配属先によって大変さは多少違いますが、看護師の仕事に「給料が高いうえに残業もない、心身ともにラク」という求人はないからです。

    転職を成功させるためには1つでも多くの求人に目を通し働きやすい職場を探すことなので、職場探しの選択肢を増やしてくださいね。

    当サイトの独自アンケートでは1人当たり2.1社の転職エージェントを利用しているので、最低でも2社は登録し転職活動を有利に進めていってください。

    看護師向けの転職サイトは多いので、とくにおすすめのエージェントを3つ紹介します。転職エージェント選びの参考にしてくださいね。


    レバウェル看護

    ナースではたらこ

    ジョブメドレー
    実績累計利用者数
    40万人突破
    利用者の満足度
    NO.1獲得
    求人数
    業界NO.1
    公開求人数約14,2000件約95,000件約42,000件
    特徴24時間電話対応
    非公開求人も豊富
    全国各地の求人あり
    病院以外の求人が多い
    約7割は地方の求人
    逆指名制度あり
    求人を自分で検索
    勤続支援金支給
    スカウト機能あり
    目次

    看護師が転職する際に優先順位を決める意味とは

    転職の際に求める条件は人によって異なるものの、多くの人は「給与を上げたい」「夜勤がない職場へ行きたい」など現在の不満を解消するため新たな職場を探す人が多いです。

    いざ転職し思っていたのと違ったとガッカリしないためにも、転職時に何を求めているのか優先順位をつけて考えると成功確率がグッと上がります。

    優先順位を決めるメリット
    • 条件に合わない勤務先は除外でき、ミスマッチを防げる
    • 志望動機が明確になり、面接でもハキハキ答えられる
    • 希望に合う仕事だからこそ、長く働ける

    「家から近い」「給与が高い」など志望動機を明確にしないまま転職活動を始めてしまうと、働き始めてから「こんなはずじゃなかった..」と後悔してしまいます。

    自分が何を求めているのかを考えれば転職先を絞りやすいので、優先順位をつけてから求人を探してくださいね。

    ミヤ

    考えていることを紙やマインドマップに書くと頭の中が整理できるので、ぜひ試してみてください。

    ▲目次へ戻る

    看護師転職で優先順位が上位にあがる5つの項目

    転職の際に求めている優先順位は人によって違うものの、多くの人はこれから紹介する5つの項目に当てはまります。

    「何を基準に選べば良いかわからない」という人のために、よくある条件を5つ紹介します。

    優先順位で上位になる項目
    1. 給料
    2. 人間関係
    3. 雇用形態
    4. 雇用条件
    5. 仕事内容
    この5つが
    圧倒的に
    多いです

    ほとんどの人はこれから紹介する5つの条件のなかで優先順位を決めているので、何を求めるか決めていない人は参考にしてください。

    それでは、転職に求める優先順位を詳しく解説していきますね。

    1.給料

    求人を見る際にもっとも気になってしまう給料ですが、どんなに良い仕事でも給料が安すぎれば辞めたくなってしまいますよね。

    だからこそ自分のなかで「手取りで〇円稼ぎたい」など明確な数値を考えておくと、求人がチェックしやすくなります。

    考えておくこと
    • 基本給はいくらなのか
    • 賞与はいくらなのか
    • 残業や夜勤手当はつくのか

    1ヶ月でいくら稼ぎたいのかで選ぶ勤務先は変わってくるので、理想の給与を考えると応募する求人が選びやすくなります。

    基本給だけでなく賞与や福利厚生も確認しないと年収が下がってしまう可能性があるので、年収を下げたくない方は転職で年収が下がる人に共通する5つの原因の記事を参考にしてください。

    2.人間関係

    周りのスタッフだけでなく患者さんと接する看護師は、つねに誰かの顔色をうかがいながら仕事をしている人が多いです。

    なかには仕事よりも人間関係が疲れるというほど嫌な思いをしている人もいるので、自分がどのような人間関係を求めているのかで選ぶ職場は変わります。

    人間関係で考えること
    • アットホームな職場が良いのか、公私を割り切って仕事をしたいのか
    • 患者さんと密に接したいか、診察のときだけで構わないのか
    • 同年代のスタッフが多いほうが良いか、年齢はこだわらないのか

    実際に働いてみなければ人間関係はわからないものの、人とどのように関わりながら働きたいのかも職場選びの基準の1つになります。

    3.雇用形態

    正社員が良いのか、パートが良いのかで選ぶ職場は変わるので、雇用形態は優先順位のなかでも1番考えやすいです。

    最近では正社員やパート以外の働き方も選べるようになったので、どのような働き方があるのか紹介していきます。

    看護師の働き方
    • 正社員
    • パート(アルバイト)
    • 派遣や単発
    • 契約社員

    ガッツリ稼ぎたいのか、空き時間に稼ぎたいのかで選ぶ雇用形態は変わるので、どんな働き方をしたいのか考えると仕事が選びやすくなりますよ。

    4.雇用条件

    夜勤の有無や休みがいつなのかなど雇用条件で仕事を選ぶ人も多く、プライベートを重視するのかで働き方は大きく変わります。

    子育てや介護をしている人は土日休みを、独身でしっかり働きたい人は夜勤を入れるなど働き方が選べるので、どのような雇用条件があるのか紹介していきます。

    よく重視される雇用条件
    • 土日祝日に休めるか
    • 定時で退社できるのか
    • 休みは取得しやすいか
    • 日勤のみなのか、夜勤もあるのか

    女性は世代ごとに働き方が変わるものなので、ワークライフバランスを重視する人は休日や勤務時間も考慮したうえで転職先を探してくださいね。

    5.仕事内容

    看護師は医療だけでなく介護や保育の場でも活躍できるため、自分に合う仕事内容を選べるのが特徴です。

    ひとことで医療といっても診療科目や病院の規模など多様な求人があるので、どのような仕事内容があるのか少しだけ紹介していきます。

    仕事内容で考えたほうが良いこと
    • どの診療科目で働きたいのか
    • 大規模な総合病院が良いか、クリニックなど地域密着型が良いか
    • これまでの経験を活かして働きたいか
    • 新しい仕事にチャレンジしたいか
    • 医療分野で働きたいのか、介護や企業、保育園が良いのか

    看護師の資格があればさまざまな場所で働けるので、どこでどんな仕事をしたいのか考えてみてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    あなたは何が大切?転職で優先順位を決める際の注意点3選

    今の職場に不満があり転職を考えているので、今すぐ解消したいからと急いで転職活動をすると失敗する確率がグッと上がります。

    転職活動を始める前に「自分はどんな状況なら満足できるのか」「どんな環境なら働きやすいのか」を考えることが大切なので、優先順位を決める3つのポイントを紹介します。

    優先順位を決めるポイント
    1. 多くを求めすぎない
    2. 妥協できない条件を考える
    3. 希望条件に合致する職場を探す
    この3つが
    大切です

    優先順位を決めずに求人を探し始めると自分の意見がブレて最終的には妥協してしまうことが多いので、しっかりと求める条件に合致しているか考えなければいけません。

    とはいえ理想ばかり追い求めていると良い求人は見つからないので、優先順位を決めるポイントを紹介していきますね。

    1.多くを求めすぎない

    残念ながら「日勤のみ」「土日祝日休み」「給料が高い」など求める条件すべてをクリアする求人はないので、理想の職場のハードルは上げすぎないほうが良いです。

    理想を追い求めすぎると応募する求人がなくなってしまうので、自分のなかで何を求めているか考えてから求人を探していきましょう。

    希望条件の一例
    • たくさん給料が欲しい
    • 人間関係が良好な職場が良い
    • 正社員よりも融通が利くパートが良い
    • 定時で帰宅できる職場が良い
    • 確実に日曜日と祝日休める職場が良い

    人によって求める条件は変わりますが、希望条件に順位をつけて絞り込むと求めている条件が明確になりますよ。

    2.妥協できない条件を考える

    たとえば子どもを保育園に預けている場合は定時で退社できるところ、可能な限り通勤時間は減らしたいなど希望する条件は異なります。

    絶対に譲れない条件もあれば、少しくらいなら譲れる条件もあるので、自分のなかで妥協できる条件は何なのかを考えてみることが重要です。

    譲れない条件の一例
    • 子どもの習い事があり、絶対に土日祝日は休みたい
    • 車がないため、駅から徒歩圏内の職場が良い
    • 夫の扶養範囲内で働きたい

    たとえば土日祝日は休みたいが月に2回程度であれば出勤できるなど、求人内容によっては妥協できるものもあります。

    自分のなかで「絶対に譲れない条件」「条件によっては妥協できる」など明確にすると、転職先を絞りやすくなりますよ。

    3.希望条件に合致する職場を探す

    まずは希望する条件に優先順位をつけ、譲れないことや妥協できる部分は何なのかを考えます。

    優先順位が決まれば働きたい職場のイメージがわいてくるので、どのように考えれば良いのか一例を紹介していきますね。

    希望条件に合致する職場の考えかた
    • 土日祝日休みが良い
      保育園
    • 不要の範囲内で働きたい
      パート
    • しっかり稼ぎたい
      美容クリニックや夜勤がある総合病院

    優先順位で上位にあがる希望条件から職場を考えれば絞り込みやすいので、自分が何を求めているのか明確に考えられるようになりますよ。

    ▲目次へ戻る

    優先順位通りに看護師が転職する3つのコツ

    せっかく優先順位や働きたい職場のイメージがつかめても、活用しなければ何も意味がありません。

    そこで、効率的に転職活動をおこなうために何をすれば良いのか具体的に紹介していきますね。

    転職成功のポイント
    1. 多くの求人に目を通す
    2. 面接で志望動機を伝える
    3. 内部情報を聞きミスマッチを防ぐ
    効率よく
    転職
    しましょう

    キャリアアップしたい、家族との時間を優先したいなど人によって求める条件は異なるものの、理想の職場を探す方法はみな同じです。

    転職を成功させるためには何をすれば良いのか、詳しく紹介していきますね。

    1.多くの求人に目を通す

    希望通りの職場を探すためには1つでも多くの求人に目を通し、条件を満たしているかチェックするだけでも転職成功確率が飛躍的に上がります。

    1つでも多くの求人に目を通すことにはメリットがあるので、なぜ多くの求人を見なければいけないのか理由を紹介していきます。

    多くの求人をチェックするメリット
    • 理想の職場に出会える可能性が高くなる
    • 複数の求人の条件を比較し、検討できる

    すべての希望条件を満たしていない場合でも8割程度合致していれば応募し、面接で気になる部分を聞き働くのか考えると良いです

    求人だけではわからない部分もあるので、先ほど紹介した「優先順位」「どの部分は妥協できるのか」という部分を考えながら求人を探していってくださいね。

    2.面接で志望動機を伝える

    どんなことを軸に転職活動をしているのか明確になれば、面接で志望動機をハッキリと伝えられます。

    志望動機だけでなく譲れない部分や妥協できることを伝えると、働き始めてから「面接のときと言っていることが違う」と双方思わずに済みます。

    志望動機の一例

    現在の職場は残業が多く、保育園のお迎えに行けず子育てと仕事の両立に悩んでいました。
    しかし、こちらの病院には託児所が完備されているので、子育てとキャリアアップどちらも両立できるのではないかと思い応募しました。

    何が不満で転職をしたいのかが明確になると転職先に求める条件がわかるので、面接時に自分の意見はハッキリと自分の意見を伝えられます。

    あらかじめ「土日は月に〇回程度しか出勤できない」など伝えておけば考慮したうえで選考してくれるので、志望動機だけでなく譲れない条件も伝えてくださいね。

    3.内部情報を聞きミスマッチを防ぐ

    仕事内容や給料などは求人を見たり面接に行けばわかるものの、本当に理想の条件がかなえられる職場なのかは働いてみなければわかりません。

    たとえ転職先に不満があったとしても転職してすぐに辞めるわけにはいかないので、なるべく内部情報をリサーチして働きやすいのか確認しておきましょう。

    リサーチしたほうが良いこと
    • 職場の平均年齢
    • 離職率
    • 給与
    • 残業時間や残業代
    • 有給取得率

    面接時に内部情報を聞きだそうとしても本当のことを言うとは限らないものの、働く前に把握しておけば入職後のミスマッチを防げます。

    どうしても不安な場合は転職サイトを活用すれば内部情報を聞きだしてくれるので、気になる病院があるか探してみてくださいね。

    ミヤ

    キャリアアドバイザーは内部情報に精通しているので、正確な給与や離職率など聞きにくいことも教えてくれますよ。

    レバウェル看護

     業界最大級の非公開案件保有
     全国各地に支店があり、地方の求人にも強い
     対応している職種や施設形態が豊富で求人を選べる

    ナースではたらこ

     全体の8割はクリニックの求人
     地方に住んでいても面接同行可能
     全体の7割は地方求人で都市部以外の求人が豊富

    ジョブメドレー

     自分のペースで転職活動ができる
     スカウト機能を利用すれば内定率1.7倍
     60日以上勤務すれば継続支援金が受け取れる

    ▲目次へ戻る

    求める条件に優先順位をつけると転職成功率がグッと上がる

    「家から近ければどこでもいい」「給料が高ければ勤務場所はどこでもいい」など優先順位を決めずに転職すると、入職後「こんなはずじゃなかった」と転職に失敗したと感じてしまいます。

    やはり自分が何を求めているか考えたうえで転職活動を始めると求める条件が明確になるので、成功確率が飛躍的に上がりますよ。

    まとめ
    • 優先順位を決めずに転職をすると転職先が絞れず、ミスマッチを起こしやすい
    • 給料や人間関係、仕事内容など自分が何を重視しているのか考えてから求人を探すと効率的
    • 転職前に自分のなかで「妥協できないこと」「条件次第では妥協できること」を明確にする

    今の職場を辞めたいときこそ優先順位を考え、スムーズに転職活動を進めていってくださいね。

    実際に働いてみなければわからないことは転職サイトを活用し内部情報を聞き出してもらえるので、転職を成功させたい人はぜひ利用してみてください。

    ミヤ

    とくに人間関係は求人を見ただけではわからないので、現場を熟知しているプロの力を借りてくださいね。


    レバウェル看護

    ナースではたらこ

    ジョブメドレー
    公開求人数約141,000件約94,000件約42,000件
    対応エリア全国全国全国
    求人が多い地域東北・関東・東海地方全域関東・東海・関西
    求人が多い施設病院
    クリニック
    介護施設
    クリニック介護施設
    訪問看護
    特徴地方で面談可能
    24時間電話対応可能
    非公開求人が豊富
    クリニックの求人が豊富
    約7割が地方の求人
    逆指名制度あり
    スカウト機能あり
    勤続支援金をもらえる
    自分で求人を探せる
    おすすめの人地方在住
    勤務経験なし
    クリニックで勤務希望
    面接同行希望
    サポートは不要
    2回目以降の転職
    詳細記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る
    公式サイトレバウェル看護ナースではたらこジョブメドレー
    SHARE
    • URLをコピーしました!
    目次