50代の看護師が使えないと言われる3つの原因|年齢や経験を武器にし働ける5つの職場を紹介

    「周りの看護師は使えないと言われている気がする」

    「50代だからこその強みってなんなんだろう」

    と思うことはありませんか?

    今まで頑張って仕事をこなしてきたにもかかわらず、仕事ができないと言われると戸惑い落ち込んでしまいますよね。

    なぜ、経験豊富な50代の看護師が「使えない」と言われてしまうのでしょうか?

    この記事を見れば使えない看護師を卒業する方法から、今までの経験を最大限に活かせる負担の少ない職場がわかります。

    「使えないと言われて落ち込んでいる」「周りの人に使えないと言われている気がする」と悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    陰口で「あの看護師は使えない」と言われると落ち込んでしまいますが、なかには面と向かって「仕事ができない」と言われ落ち込んでしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。

    • 最新の技術や知識についていけず、このまま職場に居る意味があるのかな
    • 若い看護師との間に距離を感じ、孤立しているように感じる
    • 仕事で成果を出さなければというプレッシャーに押しつぶされそうになる

    経験豊富な50代にもかかわらず仕事ができないレッテルを貼られてしまうと、何のために頑張っているんだろうという虚無感を感じてしまいますよね。

    悲しいことに50代になると体力も認知力も落ちてしまうので、心身ともに負担の少ない職場のほうが働きやすいです。

    50代だからこそ活かせる強みがあるので、今までの経験を最大限発揮できる仕事を選び楽しく働ける職場を探してみてください。

    目次

    50代の看護師が使えないと言われる3つの理由

    長年看護師として働いていた50代は経験豊富でベテランとして頼りにされる一方で、若い看護師に使えないと思われているのではと不安になっている方も多いのではないでしょうか。

    なぜ使えないと言われているのか原因がわかれば対策を考えられるので、よくある3つの理由を紹介します。

    使えないと言われる理由
    1. 若い看護師のような体力がない
    2. 新しい技術を取り入れるのが難しい
    3. コミュニケーションがうまくいかない
    この3つが
    原因です

    一部の職場では年齢や経験年数に対する偏見が存在する可能性もあり、周囲の看護師に「使えない」と評価されることもあります。

    使えないと言われる原因は複数あるものの改善可能なものばかりなので、使えないと言われる理由を深掘りし紹介していきますね。

    1.若い看護師のような体力がない

    50代の看護師が使えないと言われる最大の原因が体力的な問題で、若い看護師のように体が動かなくなってくる年齢です。

    若い看護師でも肉体的負担や長時間勤務でツラいと感じる場面は多く、年を重ねるごとに体力的なダメージは大きくなっていく一方です。

    よくある体力的な問題
    • 夜勤や長時間勤務が負担になっている
    • 体位交換や移動など身体的な負担が大きい
    • 立ち仕事が多く身体に負担がかかる

    スタッフ同士で協力し合える環境なら体力的なツラさも補えますが、自分の仕事で手一杯な職場や人間関係が悪い職場の場合「仕事が遅い」「何もできない」と思われることもあります。

    若い看護師と同じように働くのは難しいからこそ、経験やスキルで体力面を補いましょう。

    2.新しい技術を取り入れるのが難しい

    医療業界は進化し続けていることもあり、つねに最新のスキルや知識を学び続けなければいけません。

    しかし、50歳前後になると新しい情報を学び理解する能力が低下すると言われているため、新しい技術を取り入れるのが難しくなってしまいます。

    難しいと感じることの一例
    • 電子カルテの入力やタブレットの操作
    • 最新のエビデンスに基づく実践導入の学習
    • 短時間で多くの情報を学習しなければいけないとき

    自分のやり方に対するこだわりが強い人ほど新しい技術に抵抗がある、自分のやり方と新しい技術のギャップが大きいときほど、変化に対応できず難しさを感じてしまいます。

    若い看護師は最新の技術や手法に慣れていることもあり「なんで簡単な操作ができないんだろう」と思われ、結果的に使えないというレッテルを貼られてしまいます。

    3.コミュニケーションがうまくいかない

    Biz Hitsがおこなった調査によると職場で世代間ギャップを感じる年齢差は10歳~14歳と回答した人が多く、年齢差があるほどコミュニケーションを取るのが難しいです。

    コミュニケーションがうまくいかないと感じる理由はたくさんありますが、お互いが「仲良くできない」「合わない」と感じながら働いています。

    コミュニケーションがうまくいかない原因
    • デジタル世代の看護師にとって、価値観にギャップを感じる
    • 若手はデジタルツールを使ったコミュニケーションに慣れている
    • 仕事への姿勢が違い、価値観が合わない
    • 言葉遣いや行動、考え方にギャップがある
    • 若い世代からのアドバイスを受け入れにくい

    日常会話すら合わないと感じている世代だからこそお互いストレスを感じ、些細なことでも「使えない」「仕事ができない」と思われてしまいます。

    コミュニケーションがうまくいかないのは年齢差だけでなく経験年数やチームワークなど原因がたくさんあり、簡単に世代間ギャップを埋めるのは難しいです。

    ▲目次へ戻る

    周囲の看護師に「使えない」と思われる7つの問題点

    周囲の人に使えないと思われながら働くのはツライことですが、人の命を預かる看護師にとって大きな問題があります。

    職場の雰囲気で人間関係がうまくいかない場合は転職も検討したほうがいいので、使えないと思われる問題点を7つ紹介します。

    使えないと言われ続ける問題点
    • 新しい手法やシステムに対する習得が遅れてしまう
    • アドバイスを受け入れる余裕がなく、変化に抵抗してしまう
    • 自分が使えないと思い込み、自己肯定感が下がってしまう
    • 若手に負けたくないとプレッシャーを感じ、ストレスが溜まる
    • 経験を正当に評価されず、働く意欲が低下してしまう
    • 認めてもらいたいと感じ、必要以上の仕事を請け負ってしまう
    • 同じ仕事が続き、仕事がマンネリ化してしまう

    使えないと思われる状況が続くと自力で解決するのが難しくなってしまうので、仕事がうまくいかなくなってしまいます。

    使えないを卒業しない限りツライ想いをしながら働き続けなければいけないので、少しでも自分でできることを実践してみてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    使えない50代の看護師を卒業する5つの方法

    使えないを卒業しない限りネガティブな気持ちのまま働き続けなければいけないので、頼りにされる看護師を目指すべきです。

    使えない看護師というレッテルを剥がすためにも、仕事ができる看護師を目指す5つの対策を紹介します。

    使えないを卒業する方法
    1. 自分の強みや弱みを理解する
    2. スキルを高める努力をする
    3. 休日は思いっきりリフレッシュする
    4. ミスをしない対策をする
    5. しっかりとコミュニケーションを取る
    この5つが
    重要です

    年齢を言い訳にすると今のままでも仕方ないと諦め成長のチャンスを逃してしまうことに繋がるので、つねに変化や進化を求め続けることが需要です。

    仕事だからこそ年齢に関わらず努力や工夫が必要なので、使えない看護師を卒業する5つの対策を紹介していきますね。

    1.自分の強みや弱みを理解する

    自分の強みや弱みを理解すれば得意なことや改善点が明確になり、自分の能力を最大限生かせる職場を探せます。

    看護師としてどのように成長すればいいのか考えられるので、どうやって自分自身と向き合えばいいのか5つの自己分析法を紹介します。

    自己分析する方法
    • 自分にはどのような経験があるのか考える
    • 同僚や上司から受けたフィードバックを振り返る
    • スキルや能力をリストアップする
    • 日々の業務を振り返り、反省点を考える
    • ストレングスファインダーを活用する

    自分の強みや弱みを理解すれば良い部分は活かし改善すべき点を克服する方法を考えられるので、自分自身と向き合ってみてください。

    弱みはわかりやすいものの強みを自分で理解するのは難しいので、ストレングスファインダーなどのツールを使うと客観的に自分自身を把握できます。

    ミヤ

    無料ならリクナビNEXTのグッドポイント診断、有料なら ストレングス・ファインダー2.0 の書籍がおすすめです。

    2.スキルを高める努力をする

    年齢を重ねるごとに記憶力が低下し物覚えが悪くなる、デジタルツールが難しいなど問題点はありますが、つねにスキルを習得する努力は必要です。

    患者へのケアの質が高くなる、チーム全体のパフォーマンスが向上するメリットがあるので、どうやってスキルを高めるのか5つの具体策を紹介します。

    スキルを高める方法
    • 研修会やセミナーに参加する
    • 新しく学んだスキルを積極的に実践する
    • 同僚に指導してもらい、実務でスキルを磨く
    • 自分自身を客観的に評価し、改善点を明確にする
    • フィードバックを素直に受け入れ、実践に活かす

    努力することで看護師としてのスキルを高めていけるので、毎日学習にあてる時間を決めて習慣化することが重要です。

    働きながら毎日何時間も勉強にあてるのは難しいので、勤務時間中や移動中など無理のない範囲で継続していってくださいね。

    ミヤ

    ナースタディならスマホ1つで現場で役立つ知識やスキルを動画で学べるので、時間がない看護師でもサクッと勉強できます。

    3.休日は思いっきりリフレッシュする

    看護師の仕事はつねに忙しくストレスや疲労が蓄積してしまうので、心身ともにリフレッシュする時間を確保することが重要です。

    休息を取ることで仕事のモチベーションやパフォーマンスが向上するので、5つのリフレッシュ法を紹介します。

    リフレッシュする方法
    • 読書やウォーキングなど趣味を楽しむ
    • 公園やキャンプ場でゆっくり過ごし、リフレッシュする
    • 友人や家族と食事や旅行に行く
    • マッサージやスパでリラックスする
    • スマホやPCなどデジタル機器から離れ静かに過ごす

    休日の楽しみ方は人それぞれですが、充実した休日を過ごすと心身ともにリフレッシュできて幸福感が上がります。

    休日は思いっきり好きなことをすれば少なからず明日も頑張ろうと思えるので、趣味や休息の時間をしっかりと確保してくださいね。

    ミヤ

    体力向上も兼ねて身体を動かすとよく眠れるので、気になる方は看護師におすすめのスポーツジムの記事も参考にしてください。

    4.ミスをしない対策をする

    新しいことを覚えたり得意なことを活かす努力も大切ですが、手っ取り早く使えないを卒業するなら仕事のミスを減らすこ工夫をしてみてください。

    ミスが減れば「最近仕事ができるようになった」「頑張っている」と評価してくれるようになるので、ミスをしない工夫の一例を紹介します。

    ミスをしない工夫の一例
    • チェックリストを作成し手順等を確認する
    • 十分な休息を取り集中力を維持する
    • 過去の失敗と同じ過ちを繰り返さないよう、改善点を考える

    どんなに気を付けていても失敗することはありますが、ミスが減れば周囲の人の目が変わり努力を認めてもらえるようになります。

    どんなときミスをするのか、ミスを減らすためには何ができるのかを考え、使えない看護師卒業を目指し頑張ってくださいね。

    ミヤ

    ミスをして落ち込んでしまう方は、ユーキャンキャリカレなどの通信講座でメンタルトレーニングの資格取得がおすすめです。

    5.しっかりコミュニケーションを取る

    仕事のことはもちろんですが、日常的なコミュニケーションを通じて人間性や考え方を理解し信頼関係を構築していきます。

    職場に苦手な人がいる場合も仕事として割り切り、積極的にコミュニケーションを取ることで使えないという誤解を解くキッカケになるかもしれません。

    コミュニケーションを取る方法
    • 相手の話を最後までしっかりと聞き、話の意図を理解する
    • 話の要点を復唱し、誤解を防ぐ
    • 抽象的な言葉遣いは避け、具体的に伝える

    話を聞いたり伝えるだけでなく笑顔や相槌などの非言語コミュニケーションも重要なので、日常的に意識して取り組んでください。

    しっかりとコミュニケーションを取れば対人関係ストレスの減少や仕事の効率化などメリットがあるので、積極的に職場の人と話す機会を作ってみてください。

    ミヤ

    うまくコミュニケーションが取れないと悩む方は、話し方教室伝え方検定などコミュニケーションを学ぶ講座の受講も検討してみてください。

    ▲目次へ戻る

    50代看護師だからこそ活かせる7つの強み

    長年医療業界で働いていた看護師にとって、専門知識やスキルは大きな強みになります。

    自分の強みを認識し活かせる職場で働くとモチベーションが維持できるので、50代だからこその強みを7つ紹介します。

    50代だからこそ活かせる強み
    • 長年の実務でさまざまな症例や状況に対応するスキルが身についている
    • 何度も緊急時の対応を経験したことで、冷静な判断ができる
    • 患者や家族とのコミュニケーション能力が高く、信頼関係を築ける
    • 多職種との連携経験が豊富で、スムーズに情報共有ができる
    • 長年の仕事で培った忍耐力や持続力がある
    • 新人看護師に対する教育や指導経験が豊富で、効果的なアドバイスができる
    • 患者の細かな変化に気付きやすく、早期発見する能力がある

    仕事ができないと言われると落ち込んでしまいますが、若い看護師にはない経験や豊富なスキルが50代看護師の最大の武器です。

    今の職場では強みが活かしきれていない可能性もあるので、周囲の偏見に悩んでいる方は転職も視野に入れて検討してみてください。

    ▲目次へ戻る

    50代看護師の経験を活かせる職場5選

    50歳を過ぎると急激な体力の衰えを感じると言われており、若い看護師と同じように夜勤がある職場でバリバリ働くのは難しくなってしまいます。

    そこで、今までの経験を活かしつつ無理のない範囲で働ける職場を5つ紹介するので、仕事選びの参考にしてください。

    今までの経験を活かせる職場
    1. クリニック
    2. 健診センター
    3. 訪問看護
    4. 介護施設
    5. コールセンター
    この5つが
    おすすめ

    仕事内容や体力的に無理のない職場で働けば使えないと言われることはないので、年齢に見合った働き方をしたほうが良いです。

    これから紹介する5つの職場は夜勤がない、もしくはオンコール対応のみで働きやすいので、特徴を詳しく紹介していきますね。

    1.緊急性の高い業務が少ない「クリニック」

    日勤のみで働きたい、家の近所で働きたい人におすすめなのが、ワークライフバランスが取りやすいクリニックです。

    入院施設のないクリニックは夜勤がなく診療時間も決まっているため、比較的残業が少なく働きやすい職場の1つです。

    クリニックで働くメリット
    • 診療科が特化しているため、専門的な知識やスキルを習得できる
    • アットホームな雰囲気で、プライベートの話もしやすい
    • 施設数が多く、勤務場所や診療科目が選びやすい
    • 比較的症状が軽度の患者さんが多く、高度な医療スキルを求められない
    • 残業が少なく、仕事とプライベートを両立できる
    • 勉強会やセミナーも多くて月に1回~数回程度しかない

    クリニックは日曜日や祝日、午後に休診日があり休む時間を確保しやすいので、オンとオフの切り替えができ体力的な負担が減ります。

    クリニックは数が多く自宅近くの職場を選べるので、通勤時間を減らしたい、プライベートの時間を確保したいという人におすすめの職場です。

    2.夜勤や残業がない「健診センター」

    健康診断をおこなう健診センターは定時で仕事が終わりワークライフバランスを取りやすいこともあり、非常に人気の職場の1つです。

    最近では特定の疾患の早期発見をおこなう検診を兼ねている職場もありますが、どちらも働きやすさは変わりません。

    健診センターで働くメリット
    • 定時内に仕事が終わり、生活のリズムを保ちやすい
    • 日曜祝祭日、年末年始は休みが確保されている
    • ほかの職場と比べ、ストレスを受ける場面が極端に少ない
    • 正社員だけでなく、派遣やパートの働き方も選べる
    • 肉体的負担が少ないわりに給料は高い

    「施設または出張健診の独立型」と「病院付属型」で働き方は異なるものの、どちらも素早い採血技術がある看護師におすすめの職場です。

    1日の受診者は多いものの割り振られた仕事を淡々とこなすだけで体力的な負担が少ないので、重労働がツライ方でも無理なく働けますよ。

    3.利用者のケアが中心の「訪問看護」

    訪問看護は夜勤がなく日勤がメインですが平均年収は約430万円と給与水準が高く、しっかりと稼ぎたい人から人気があります。

    人気がある理由は給与水準以外にもあるので、訪問看護のメリットを紹介していきますね。

    訪問看護で働くメリット
    • 交代制でオンコールはあるものの、土日祝日休みが多い
    • 直行直帰ができ、柔軟な働き方ができる
    • 午前中のみ、週〇日など働き方が選べる
    • 1人になる時間があり、仕事中にリフレッシュできる
    • 早出や残業が少ないため、プライベートの時間を確保しやすい

    高齢化が進み在宅医療のニーズが伸びているため求人数も多く、自宅近くで理想の職場を探せるのも魅力の1つです。

    ただし、夜間や休日にオンコールの対応をするステーションが多いので、かならずオンコールの有無を確認してから転職先を決めてくださいね。

    4.定時勤務が多い「介護施設」

    介護スタッフと入所者の介護や生活補助をおこない、医療従事者として健康管理をおこなうのが介護施設で働く看護師のおもな仕事です。

    有料老人ホームや特養など働く場所を選べるのも介護施設ならではですが、ほかにもメリットはあります。

    介護施設で働くメリット
    • ほとんど残業がなく、仕事終わりに予定を入れやすい
    • 生活介助は買い越しがおこなうため、看護師の体力的な不安は少ない
    • 医療行為が少ないため、ブランク明けの人でも安心して働ける
    • 介護施設の看護師のニーズは増え続けているため、求人を探しやすい
    • オンコールもあるが、電話対応のみで済むことが多い
    • 利用者さん1人1人とゆっくり関わり、やりがいを感じながら働ける
    • 夜勤がないためワークライフバランスを取りやすい

    利用者さんの重症度や介護度は変わりますが、症状が落ち着いている施設を選べば心身ともに負担の少ない環境で働けます。

    夜勤はなくともオンコール対応が必要な施設もあるので、オンコール時の出勤の有無、不測の事態が起こったときの対処方法などを面接時に確認しておくと安心して働けますよ。

    5.デスクワーク中心の「コールセンター」

    ひとことでコールセンターといってもヘルスケアや製薬会社、保険会社など種類があり、健康相談をおこなうコールセンターなら今までの経験を活かしアドバイスできます。

    デスクワークで重い荷物の運搬などもないので、体力に自信がない看護師でも無理なく働けるのが最大のメリットです。

    コールセンターで働くメリット
    • 受付時間が決まっているため残業が発生しにくい
    • 50代という年齢を武器だと捉えてくれる
    • 一生役立つ接遇スキルが身につく

    コールセンターは研修制度が整っており未経験でもチャレンジしやすいので、接遇をしたことがない人でも安心して働けます。

    臨床経験が浅い看護師より経験豊富な看護師のほうが採用されやすいので、今までの経験を活かせる負担の少ない職場を探している方におすすめです。

    ▲目次へ戻る

    50代看護師の働き方は?よくある疑問を一挙公開

    記憶力や体力が低下していく50代の看護師にとって、どこでどう働けば負担を感じないのかは重要な問題です。

    そこで、働き方に悩む50代看護師のよくある疑問を紹介するので、悩み解決に役立ててください。

    50代看護師の仕事が覚えられない対処法は?

    加齢による記憶力や体力の低下、長年のやり方が通用しないなど仕事がうまくいかないと感じる50代看護師は多く、仕事が覚えられないと悩んでしまいますよね。

    仕事を覚えられない原因を把握し、これから紹介する3つの対策を実践してみてください。

    • ノートを持ち歩き重要なことはメモを取る
    • メモを見直す、仕事終わりに復習をする
    • 自分のなかでルーティンを作り、効率化する
    ブランクが20年ある50代看護師におすすめの職場は?

    年齢に関わらずブランクがあると「手法を覚えているのか」「仕事に対応できるのか」など不安になってしまいますが、ブランク明けの看護師でも働きやすい職場はあります。

    • 処置よりも生活援助が中心の「介護施設」
    • 自分が得意とする分野を「クリニック」
    • ケガの応急処置がメインの「保育園」

    関連記事:ブランクが20年以上ある50代の看護師におすすめの職場一覧

    50代の看護師は転職が難しいの?

    一般的には年齢を重ねるごとに転職が不利になってしまいますが、看護師の場合は人手不足ということもあり転職難易度は低いです。
    しかし、仕事が覚えられないなど不安要素もあるので、自分の強みを活かせる職場選びが重要です。

    • 今までの経験を活かせる
    • 体力的に無理のない
    • デスクワークや軽作業が中心
    • 教育体制が充実している
    • 残業が少なく決まった時間に働ける など
    看護師がゆるく働ける職場はある?

    病棟で働いていると慌ただしく1日が終わり忙しいイメージですが、無理なく働ける職場は存在します。
    これから紹介する特徴に当てはまるほどゆるく働けるので、共通する5つの条件を紹介します。

    • 夜勤や残業がない
    • 土日祝日休み
    • 重症患者が少ない
    • 高度な医療スキルを求められない
    • 有給休暇が取得しやすい

    関連記事:看護師がゆるく働ける職場と転職する際の注意点

    のんびりした性格におすすめの職場はどこ?

    慌ただしく働く医療現場でのんびりとした性格はデメリットに感じてしまいますが、おっとりしている性格は大きな強みです。
    自分のペースで働ける職場のほうが向いているので、とくにおすすめの診療科を3つ紹介します。

    • 訪問看護
    • 精神科
    • 慢性期・療養病棟

    関連記事:のんびりした性格の看護師におすすめの職場と向いていない職場

    あまりにも使えないと言われると落ち込んでしまうので、自分の経験やスキルを最大限生かせる職場で働くことが大切です。

    50代になっても無理なく働ける職場はたくさんあるので、転職するつもりはなくても情報収集だけしておいてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    50代の強みを活かせる職場で働けば「使えない」と言われない

    過去に自分が経験した若手看護師の気持ちは理解してあげられても、若い看護師に50代の大変さは理解できません。

    50代だからこそのキャリアや経験、人生経験など仕事に活かせる強みはたくさんあるので、強みを活かせる仕事は何なのか考えてみてください。

    まとめ
    • 若い看護師のように体力や技術が追い付かず「使えない」と言われることがある
    • 使えないを卒業するためにも、年齢を言い訳にせずスキルを高める努力をすべき
    • 50代の看護師は心身ともに負担の少ない職場のほうが経験を活かせる

    年齢を重ねるごとに体力や記憶力が落ちてしまうのは仕方のないことなので、無理なく働ける職場を選ぶと「使えない」「仕事ができない」と言われずに働けます。

    簡単にスキルが身につかないからこそ今まで経験してきたことは強みになるので、体力的に負担が少ない職場を選び活躍してくださいね。

    ミヤ

    経験豊富な50代とは言え若い看護師より転職活動の難易度が上がるので、転職サイトを活用し求人探しをサポートしてもらってください。

    スクロールできます

    レバウェル看護

    ナースではたらこ

    ジョブメドレー
    公開求人数約141,000件約94,000件約42,000件
    対応エリア全国全国全国
    求人が多い地域東北・関東・東海地方全域関東・東海・関西
    求人が多い施設病院
    クリニック
    介護施設
    クリニック介護施設
    訪問看護
    特徴地方で面談可能
    24時間電話対応可能
    非公開求人が豊富
    クリニックの求人が豊富
    約7割が地方の求人
    逆指名制度あり
    スカウト機能あり
    勤続支援金をもらえる
    自分で求人を探せる
    おすすめの人地方在住
    勤務経験なし
    クリニックで勤務希望
    面接同行希望
    サポートは不要
    2回目以降の転職
    詳細記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る
    公式サイトレバウェル看護ナースではたらこジョブメドレー
    SHARE
    • URLをコピーしました!
    目次