美容看護師を辞めたあとどこで働く?転職に失敗したと感じる瞬間とクリニック退職後の選択肢とは

    「美容看護師になったものの、自分には向いていないかもしれない」
    「美容クリニックを辞めたら、どこに転職しよう」

    と思うことはありませんか?

    華やかなイメージで憧れの美容看護師ではあるものの、理想と現実のギャップに悩み辞めるべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

    実際、入職しても数ヶ月で辞める人が多く、離職率は30%とも言われるほど入れ替わりが激しい美容クリニック。なぜそこまで、すぐに辞めてしまう人が多いのでしょうか?

    この記事を見れば美容クリニックを退職してしまう理由、辞めたあと美容看護師を続けるか病棟に戻るか判断できるようになります。

    「イメージとは全然違った」と退職すべきか悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    過酷な労働環境のなか日々頑張る看護師は多いものの、なかにはサービス残業や長時間勤務など労働に見合った対価をもらわずに働いている人もいます。

    • 辞めたいけど今辞めたら後悔しそうで不安
    • 次の仕事が見つかるまでは辞められない
    • 人手不足で自分が辞めたら職場の人に迷惑をかけてしまう

    辞められない事情は人それぞれですが、無理をして働き続けて心身を壊してから後悔しても遅いです。

    意外かもしれませんが、いざ辞めると「悩んでいた時間がもったいなかった」「早く辞めれば良かった」と後悔する人が大多数なので、辞めたいと悩んでいる人は転職先を探してみて下さい。

    今すぐ転職するつもりはなくても転職サイトに登録しておけば求人情報が送られてくるので、良い求人があったらすぐに転職活動を進められますよ。

    目次

    美容クリニックへの転職は失敗?辞めたいと感じる5つの瞬間

    病院とは違い自由診療をおこなう美容クリニックは今まで働いていた環境とはガラッと変わってしまうため、転職後にギャップを感じ「失敗したかもしれない」と感じる看護師は多いです。

    美容クリニックへ転職したものの試用期間に辞めてしまう人が半数を超えるとも言われているので、仕事内容が合わずに辞めたいと感じている看護師は非常に多いです。では、なぜ辞めたいと感じるのか、代表的な5つの理由を紹介します。

    美容看護師を辞めたい理由
    1. 営業目標やノルマがつらい
    2. 病院とは違いやりがいを感じない
    3. 歳をとったら働けない不安がつきまとう
    4. 描いていたイメージと違った
    5. 人間関係が良くない
    この5つが
    大きな
    原因です

    華やかなイメージの美容業界ですが実際に働くと「思っていたのと違う」と大きなギャップを感じてしまう人が多いので、転職に失敗したと感じる5つの理由を紹介していきますね。

    1.営業目標やノルマがつらい

    すべてのクリニックに営業目標やノルマが設定されているわけではないものの、月ごとに売り上げ目標が設定されている病院は多いです。

    ノルマといってもクリニックごとに設定方法が異なるものの、これから紹介する3つのノルマに該当するクリニックが多いです。

    営業目標やノルマの分類
    • 明確に「1人〇万円」と営業目標やノルマが課せられている
    • 具体的な金額は言われていないものの、営業をしなければいけない雰囲気が漂っている
    • クリニック全体で売り上げ目標はあるものの、ノルマは設定されていない

    美容クリニックは営利企業ということもあり売り上げ目標が設定されれいることは仕方ないものの、営業行為に苦手意識があり「転職に失敗した」と感じてしまいます。

    今まで病院や看護学校で営業スキルを習っていなかったからこそ、施術や商品をおすすめすることに抵抗があり辞めたいと感じるのは当然のことです。

    ミヤ

    ときには利益のために不必要なサービスを提案しなくてはいけない場面もあり、割り切れない人は罪悪感を抱えながら働いています。

    2.病院とは違いやりがいを感じない

    お客さまから感謝のお礼の言葉を言われることにやりがいを感じる看護師がいる一方で、医療行為をおこなわない美容クリニックではやりがいを感じられない人もいます。

    とくに脱毛や美容皮膚科がメインのクリニックは、同じことを繰り返すルーティーンワークとなってしまいがちです。

    やりがいを感じない原因
    • 注射や点滴など看護技術を必要としない
    • 仕事内容が専業化されている場合、施術中以外のかかわりがない

    次から次へとお客さまの施術に入り1日中同じ仕事を繰り返しおこなっていると、仕事ではなく作業をおこなっているような感覚に陥ってしまいます。

    美容業界へ飛び込んだからこそ「患者さんに必要な医療を提供したい」と看護師のやりがいをあらためて実感する人もいるので、美容看護師は向き不向きがクッキリ分かれてしまいます。

    ミヤ

    美容クリニックでの勤務は臨床経験に含まれないので、看護スキルの低下を不安視している人も多いです。

    3.年をとったら働けない不安がつきまとう

    一般的な病院であれば定年後も働くことは可能ですが、美容クリニックで働く看護師の多くは20代~30代が圧倒的に多いです。

    年齢制限が記載されている求人は少ないものの、募集の際「20代・30代活躍中」「20代~40代の看護師在籍」など働いている看護師の年齢層を記載しているケースは多々あります。

    年齢制限があることへの不安
    • 若いスタッフが多く、馴染めるか心配
    • 40代になれば辞めなければいけないのか気になる

    看護部長や主任などの役職がついていれば40代で働いている人もいるものの、やはり「年齢を重ねたら働けなくなるのでは」という不安がつねにつきまといます。

    なかには定年の65歳まで働け継続雇用制度が整っているクリニックもあるので、今後も美容看護師として働きたい場合は長く働ける病院へ転職するのも1つの手です。

    ミヤ

    30代前半までの募集が圧倒的に多いので、30代後半以降は採用されにくくなってしまうのが実情です。

    4.描いていたイメージと違った

    どんな仕事でも働かなければわからないことはたくさんありますが、美容看護師は看護師では大変だと感じる内容が大きく異なります。

    キラキラして華やかなイメージの美容業界ですが、実際に働いてみると「想像と違った」と感じる場面はたくさんあります。

    イメージと違ったと感じること
    • 次から次へと施術があり、座って一息つく時間もない
    • 施術中は同じ体制でいることが多く、肩こりや腰痛になった
    • お客さまへ気を使い、精神的に疲れてしまう
    • 美容クリニックは稼げると思っていたが、給料が少なかった
    • 定時で帰宅できると思っていたが、実際は残業が多かった

    華やかなうえに夜勤もなく稼ぎやすいイメージの美容業界ですが、実際は体力勝負でインセンティブがなければ給料は高くありません。

    期待して転職した人ほどギャップを感じ挫折してしまうので、離職率が高いのも納得です。

    ミヤ

    情報収集をしてから転職活動をすればイメージとのギャップを防げるので、自分に合うか見極めてから入職してくださいね。

    5.人間関係が良くない

    看護師自体が女性の割合が高いものの、美容クリニックの場合は医師以外は女性だけということも珍しくありません。

    比較的若い看護師や美意識が高いスタッフが集まるからこそ職場の空気がピリッとすることが多々あり、人間関係が嫌になり転職を後悔する人は多いです。

    人間関係が良くないと感じるとき
    • 派閥や年功序列など上下関係に厳しい
    • お客さまのクレームが多く精神的に疲れる
    • 忙しく職場内の空気がピリッとしている

    働いている間はスタッフだけでなくお客さまにも気を使わなければいけないので、病院以上に人間関係に悩んでしまう人もたくさんいます。

    人間関係の悩みは転職理由の上位にあがるほど深刻な悩みなので、職場を変えれば改善できる問題なのか考えてみてくださいね。

    ミヤ

    仕事は好きだが職場の人間関係になじめない場合は、ほかの美容クリニックへ転職すれば楽しく働けます。

    ▲目次へ戻る

    美容看護師を辞めたあとはどうする?病棟に戻るべきなのか

    多くの美容クリニックに年齢制限はないものの、管理職以外は40代になると看護の世界に戻るナースが多いです。

    「今のクリニックを辞めた後はどうしよう」と悩む人は多いので、悩んだときの考え方や美容クリニックの勤務経験がある看護師はどこで働いているのか紹介します。

    これから解説すること
    1. 病院に戻るか悩んだ時の考え方
    2. 美容クリニックで働いた看護師5人のその後

    クラウドワークスで独自調査したアンケートをもとに口コミを紹介します(調査期間:2024年2月7日~3月2日)

    夜勤もなく収入も高い美容クリニックですが、美意識や接客スキルが高くなければ務まりません。

    30代になると美容クリニックは辞め日勤のみの職場へ転職するナースが多いので、病院に戻るか悩んだ時の考え方を詳しく解説していきますね。

    病院に戻るか悩んだときの考え方

    研修期間中に辞めてしまう人が多いほど美容クリニックには向き不向きがあり、早い人は3ヶ月以内に見切りをつけてしまいます。

    しかし、いざ転職しようとすると「このまま美容看護師として働くのか」「看護の仕事に戻るのか」で悩んでしまうので、転職先の選び方を紹介します。

    美容クリニックがおすすめの人
    美に興味関心がある
    これからも美容医療に携わりたい
    お客さまとのコミュニケーションが楽しい
    インセンティブで大幅な給料UPを狙っている
    施術や商品の提案をすることが苦にならない
    病院がおすすめの人
    医療の現場で働きたい
    ノルマや営業を苦痛に感じる
    お客さまに丁寧な敬語を使うことに抵抗を感じる

    病院で働いた経験が長ければ長いほど患者さまへ医療を提供し、快方へ向かう姿にやりがいを感じている人は多いです。

    医療を提供したい、患者さまと関わりながら仕事をしたい人に美容看護師は不向きなので、病院への転職も検討してみてくださいね。

    ミヤ

    ケガや病気で苦しむ患者さんを近くでサポートしたい人は、医療現場のほうが向いています。

    美容クリニックで働いた看護師5人のその後

    当サイトが独自に美容クリニックの勤務経験がある看護師にアンケートをおこなったところ、20代の看護師が圧倒的に多く数年で退職しています。

    退職後にどこで働くのか、5人のナースのその後を紹介していきますね。

     現在も勤務中(29歳)

    夜勤や残業がなく終了時間が17〜18時までに終了するところ。自宅から30分以内、電車乗り換えがないところで働きたい。病院ではなくクリニックでゆっくり働きたいと思っている。

     35歳~38歳まで勤務(41歳)

    もう夜勤はやりたくないし、病棟や外来だと感染症リスクなども高いので、臨床現場は離れてメディカルコールセンターで働くことにした。美容クリニックで接遇を学んだので、コールセンターならそれも生かすことができると考えた。

     現在も勤務中(26歳)

    夜勤をやらない働き方はメリットしかないと思ったので、美容以外の分野のクリニックを探してそこに転職すると思う。今は限界まで美容看護師をして、できなくなったら患者数の少なそうな小さなクリニックでゆっくり働きたい。

     29歳~30歳まで勤務(31歳)

    夜勤や残業の多い職場では働きたくないので、クリニックを選ぶと思います。看護技術を落としたくないので採血や健診などある内科系のクリニックかオペのあるクリニックを探して働くとか思います。美容でも今まで扱ったことのないものがあればそこに行くかもしれません。

     25歳~28歳まで勤務(29歳)

    現在は近所のクリニックでパートとして働いています。夜勤はやりたくないので、介護施設や訪問看護なども考えましたが、近所で細々とできるクリニックを選びました。また、美容は年齢的にも厳しいかなと思いました。

    美容クリニックの夜勤がないところに魅力を感じている人が多く、病院や介護施設よりもクリニックでのんびり働きたいと考えている看護師が多いです。

    違う美容クリニックへ転職するケースはなく看護業界に戻っているので、働きやすい環境を探してみてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    よくある美容看護師の悩み5選

    美容看護師は病院とはまったく違う働き方を強いられるため、向いている人と向いていない人の差がくっきり分かれます。

    自分は向いているかわからないと不安な人向けに、よくある美容看護師の疑問を3つ紹介していきます。

    よくある悩み3選
    1. 美容看護師に向いている人の特徴は?
    2. 美容看護師から転職するならどこがいい?
    3. 美容クリニックで働くデメリットは?
    4. 美容看護師の末路は?何歳まで働ける?
    5. 美容クリニックの転職に強い転職サイトは?
    詳しく
    解説します

    自分が美容看護師に向いているのか見極めたうえで転職をすれば「失敗した」と後悔せずに済むので、良い部分だけでなく悪い部分も把握しておきましょう。

    それでは、美容看護師のよくある疑問を詳しく解説していきますね。

    1.美容看護師に向いている人の特徴は?

    美容看護師には向き不向きがあり、向いている人の特徴に当てはまっている人は転職を前向きに検討してみる価値はあります。

    どのような人が美容看護師に向いているのか、5つの特徴を紹介していきますね。

    美容看護師に向いている人
    • 美容に興味があり、仕事以外でも勉強を怠らない
    • 美容だけでなく、美容医療に興味があり勉強できる
    • お客さまとのコミュニケーションを苦痛に感じない
    • 朝は遅くて構わないが、19時や20時まで勤務できる
    • 好奇心があり、自分で施術を試してみたい

    美に強い興味関心がありコミュニケーションが得意な人であれば美容看護師として働ける素質は備わっているので、楽しみながら働けます。

    反対に、上記の向いている人の特徴に当てはまらない人は向いていないので、ほかの転職先を探してみてくださいね。

    ミヤ

    コミュニケーションや営業が苦手な人は、美容看護師に向いていません。

    \ 求人数が多い転職サイトはここ /

    2.美容看護師から転職するならどこがいい?

    看護師の資格があれば美容業界だけでなく、医療や介護など転職先はたくさんあります。

    選択肢が多いからこそ「どこに転職しよう」と迷ってしまうものなので、希望する条件に合わせた転職先を紹介していきますね。

    医療の現場で働きたい病院
    介護の現場で働きたいデイサービス
    有料老人ホーム
    特別養護老人ホーム
    残業はしたくない保育園
    健診センター
    献血ルーム
    夜勤はしたくないクリニック
    外来
    訪問看護
    看護師以外の働き方がしたい産業看護師
    治験コーディネーター(CRC)
    ヘルスカウンセラー

    転職に何を求めるのかで勤務場所は変わるものの、看護師の資格さえあれば美容クリニック以外の転職先はたくさんあります。

    人気の求人は倍率が高くすぐになくなってしまうので、つねにアンテナを張り転職先を探していてくださいね。

    ミヤ

    自分で探すのが面倒な人は、転職エージェントを利用し求人を探してもらうのも1つの手です。

    レバウェル看護

     業界最大級の非公開案件保有
     全国各地に支店があり、地方の求人にも強い
     対応している職種や施設形態が豊富で求人を選べる

    ナースではたらこ

     全体の8割はクリニックの求人
     地方に住んでいても面接同行可能
     全体の7割は地方求人で都市部以外の求人が豊富

    ジョブメドレー

     自分のペースで転職活動ができる
     スカウト機能を利用すれば内定率1.7倍
     60日以上勤務すれば継続支援金が受け取れる

    3.美容クリニックで働く看護師のデメリットは?

    美容クリニックは夜勤がなく残業少なめ、高収入とメリットもあるものの、当然デメリットもあります。

    良い面ばかりを見て転職をすると「失敗したな」と後悔してしまうので、美容クリニックで働く5つのデメリットを紹介します。

    美容クリニックのデメリット
    • 土日祝日や長期休暇に休めない
    • 3日以上の連休を取得しにくい
    • 臨床経験にカウントされない
    • お客さまの要望に応えなくてはいけない
    • スキルアップが難しく、転職が不利になる可能性がある

    サービス業なので土日祝日に休みにくいことは覚悟していても、スキルアップや転職のことを考えずに入職しチェしまう人が多いです。

    美容クリニックを退職した後医療現場に戻りたい場合は転職が不利になる可能性もあるので、念頭に置いておいてくださいね。

    ミヤ

    美容クリニックへ転職するまでに5年ほど臨床経験があれば、転職時不利にならないと言われています。

    4.美容看護師の末路は?何歳まで働けるの?

    美容クリニックの転職は若いスタッフが多いこともあり、何歳まで働けるのか、辞めた後はどうしようなど気になってしまいますよね。

    最近は求人に年齢を記載することはなくなりましたが、美容看護師は20代の看護師が圧倒的に多いです。

    データで見れば40代以降の美容看護師は少ないものの、美容医療は新しい業界ということもあり今後年齢層は広がると予測されています。

    年齢を気にせず美容クリニックで働けるので、気になっている人は少しでも早く美容業界で働き始めてくださいね。

    5.美容クリニックの転職に強い転職サイトは?

    美容クリニックの求人は少ないこともあり、美容看護師を目指すなら美容クリニックの求人を多く扱っている転職サイトを利用したほうがいいです。

    数ある転職サイトのなかでも美容クリニックの求人が多いのは下記の3社なので、選択肢を増やすために登録をおすすめします。


    レバウェル看護

    マイナビ看護師

    美容外科求人ガイド
    公開求人数約141,000件約55,000件約2,000件
    対応エリア全国全国全国
    求人が多い地域東北・関東・東海関東・関西都市部
    求人が多い施設病院
    クリニック
    介護施設
    クリニック
    保育施設
    美容クリニック
    特徴地方で面談可能
    24時間電話対応可能
    非公開求人が豊富
    半数以上が非公開求人
    地方で面談可能
    全国20か所に相談会場
    美容クリニックに特化
    内定率85%
    年収500万円以上の求人あり
    おすすめの人地方在住
    勤務経験なし
    病院以外で働きたい
    常勤希望
    美容クリニックで働きたい
    都市部在住
    詳細記事詳細を見る詳細を見る詳細
    公式サイトレバウェル看護マイナビ看護師美容外科求人ガイド

    転職サイトごとに求人が多いエリアなどが異なるので、可能であれば2~3社登録しチェックする求人を増やしたほうがいいです。

    求人が出たらすぐに応募できるよう、定期的に求人をチェックするとすぐに行動に移せます。

    ▲目次へ戻る

    美容看護師を辞めたあとは看護職に戻るナースが多い

    華やかな美容クリニックは美に興味がある人であれば働いてみたい人気の職場ですが、実際に働いてみると描いていた理想とギャップを感じる場面は多々あります。

    美容看護師になると「自分はこんな働き方を求めていた」「病院のほうが合っている」など気付くキッカケになるので、あまりにも合わないと感じたら転職も視野に入れて検討してみてくださいね。

    まとめ
    • 美容クリニックには営業があり、苦手意識の強い人はノルマ達成だけで心が疲弊してしまう
    • いざ働いてみると「想像と違った」と転職を後悔する人はたくさんいる
    • 美容クリニックを辞めたあとは「何を求めるのか」で転職先を探すと失敗しない

    誰しも憧れてしまう華やかな美容の世界ですが、半数以上は試用期間中に辞めてしまうほど向き不向きが分かれる職種です。

    美容看護師が合わないと感じた人の多くが看護職に戻り働いているので、少し様子を見て無理だと感じたら転職先を探し始めてくださいね。

    ミヤ

    看護スキルが低下する前に病院へ戻れば、以前と同じように働けますよ。


    レバウェル看護

    ナースではたらこ

    ジョブメドレー
    公開求人数約141,000件約94,000件約42,000件
    対応エリア全国全国全国
    求人が多い地域東北・関東・東海地方全域関東・東海・関西
    求人が多い施設病院
    クリニック
    介護施設
    クリニック介護施設
    訪問看護
    特徴地方で面談可能
    24時間電話対応可能
    非公開求人が豊富
    クリニックの求人が豊富
    約7割が地方の求人
    逆指名制度あり
    スカウト機能あり
    勤続支援金をもらえる
    自分で求人を探せる
    おすすめの人地方在住
    勤務経験なし
    クリニックで勤務希望
    面接同行希望
    サポートは不要
    2回目以降の転職
    詳細記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る
    公式サイトレバウェル看護ナースではたらこジョブメドレー
    SHARE
    • URLをコピーしました!
    目次