看護師のブランクが7年あっても大丈夫?不安に感じる5つの原因と復帰に向けた勉強法3選

    「ブランク期間が長く仕事に復帰できるか不安」
    「ブランクがあっても働ける職場はどこだろう」

    と思うことはありませんか?

    ふたたび看護師として働き始めようと思っても、ブランク期間のスキル不足を埋められるのか不安になってしまいますよね。

    では、7年のブランクを乗り越えるためには何をすれば良いのでしょうか?

    この記事を見ればブランクがあるからこそ重要な職場選びのポイント、復帰前に何をすべきかがわかります。

    「どうやってブランクを乗り越えればいいんだろう」と悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    ミヤ

    ブランクがある人は転職エージェントのサポートを受けたほうが良いので、おすすめのサービスを3つ紹介します。

    スクロールできます

    ナース人材バンク

    レバウェル看護

    ナースではたらこ
    公開求人数約290,000件約141,000件約94,000件
    対応エリア全国全国全国
    求人が多い地域全国各地東北・関東・東海地方全域
    求人が多い施設クリニック
    訪問看護
    デイサービス
    病院
    クリニック
    介護施設
    クリニック
    特徴LINEで手軽に連絡可能
    ブランクOKの求人が多い
    地方の求人も多い
    地方で面談可能
    24時間電話対応可能
    非公開求人が豊富
    クリニックの求人が豊富
    約7割が地方の求人
    逆指名制度あり
    おすすめの人ブランクがある
    アプリで求人を探したい
    地方在住
    勤務経験なし
    クリニックで勤務希望
    面接同行希望
    詳細記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る
    公式サイトナース人材バンクレバウェル看護ナースではたらこ
    目次

    子どもが小学校にあがる7~8年目のタイミングで復帰する看護師は多い

    ブランクが7,8年ある看護師の多くは、妊娠出産を機に退職し「上の子が小学校にあがる」「下の子が保育園に入園する」というタイミングの人が非常に多いです。

    厚生労働省の調査によると看護師が退職した理由の1番の要因が出産・育児のためだと判明しているので、女性が多い看護職ならではの理由ではないでしょうか。

    退職経験のある者の退職理由
    出産・育児のため
    22.1%
    結婚のため
    17.7%
    他施設への興味
    15.1
    その他
    19.7%

    (出典)厚生労働省 看護職員の需給に関する基礎資料

    復帰の時期は人それぞれではあるものの、子どもの手が離れ時間的に余裕ができる保育園入園や小学校進学でのタイミングで復帰する人もいます。

    少し子育てが落ち着いてきたタイミングではあるものの手がかかることに変わりはないので、出産前と同じように働けるわけではありません。ブランクがあれば仕事や環境に慣れるまで大変なので、職場選びは慎重におこなってくださいね。

    ミヤ

    のちほどブランクがある人でも働きやすい職場を5つ紹介するので、参考にしてください。

    ▲目次へ戻る

    看護師は7年ブランクがあっても復帰できるが不安に感じる5つのこと

    ブランクが何年あっても復帰はできるものの、スキルや収入、職場の環境など、さまざまなことを不安に感じてしまいますよね。

    そこで、復帰の際に不安になってしまう5つのことを紹介するので、なぜ不安に感じてしまうのか詳しく深堀していきますね。

    不安に感じる5つのこと
    1. 仕事についていけるのか
    2. 家族や職場の理解を得られているのか
    3. 家事と育児と両立できるのか
    4. 希望する条件の職場は見つかるのか
    5. 漠然とした不安を感じている
    この5つが
    おもな
    原因です

    ブランクが長ければ長いほど不安は大きくなるものなので、なぜ自分が不安に感じているのか気持ちと向き合い復職しましょう。

    それでは、なぜ不安に感じてしまうのか原因を詳しく解説していきますね。

    1.仕事についていけるのか

    看護の分野は日々進化し新しい技術が導入されているので、たとえ現役で働いている人でも最新の医療技術を学びながら働いています。

    技術だけでなく看護スキルの低下している可能性もあり、復帰後自信をもって患者さんのケアができるか不安になってしまいますよね。

    • ただでさえ忙しい仕事なのに、体力は持つのか
    • 電子カルテに変更されたが、きちんと対応できるのか
    • 以前おこなっていた処置の方法が古くないか

    ただでさえ医療技術の進歩についていけるか不安な状態で、自分のスキルも低下していたらと考えたら怖くて仕方ないのではないでしょうか。

    スキルの不安は復帰支援やセミナーなどで対処できるので、復帰前に自分のスキルが現場で通用するか確認しておくと安心して復帰できますよ。

    2.家族や職場の理解は得られているか

    ブランク明けに職場復帰する際に不安に感じてしまうのが、家族や職場の人が復帰することをどう思っているのかと言いう点です。

    「家族のサポートは得られるか」「ブランクがある看護師は使えないのでは」など、新しい環境へ一歩踏み出すからこそ不安に感じてしまいますよね。

    • 職場にはどんな人がいるのか
    • ブランクがある看護師に近いはあるのか
    • あまり残業はできないが本当に大丈夫か

    考えれば考えるほど不安になってしまうものですが、家族の理解と協力さえあれば乗り越えられます。

    家族や職場にできることとできないことを伝え、事前に不安を軽減しておくとスムーズに復帰できますよ。

    3.家事や育児と両立できるのか

    結婚や出産のタイミングで仕事を辞め子育てに専念していた人にとって、過酷な家事と育児に仕事が加わったらどうなるか想像するだけで不安になってしまいますよね。

    職場に復帰すれば家族全員のライフスタイルが変わってしまうので、家事や育児ができるのか悩んでしまうケースも多いのではないでしょうか。

    • 子どもの体調不良に対応できるか
    • 仕事が終わった後で家事や育児をこなせるのか
    • 保育園のお迎えに間に合うか

    看護師の仕事がハードなこと、家事も育児も大変なことを知っているからこそ不安になってしまうのは当然のことなので、家族の協力を得られるよう万全の態勢を整えておくと良いです。

    復帰前の不安を軽減するためにも家事や育児の分担を話し合っておくと、安心して仕事に復帰できますよ。

    4.希望する条件の職場は見つかるのか

    独身時代とは違い働く時間や家族の都合を考えながら仕事を探さなければいけないので、もっとも不安になるのが自分の希望通りの仕事が見つかるのかという点です。

    自分だけでなく家族のこと、生活のことなどいろいろと考えなければいけないものの、ママナースが勤務先に希望する条件は大きく分けると5つあります。

    • 自分の興味がある仕事内容か
    • ママナースへの理解はあるか
    • 給料や勤務時間など希望する雇用条件か
    • 自宅から通勤しやすいか
    • 保育園や学童のお迎えの時間に間に合うのか

    仕事が忙しく家事や育児がおろそかになっては元も子もないので、希望する条件を満たす職場で働きたいと思うのは当然のことです。

    ただし、すべての条件を満たす求人がない場合は、自分のなかで優先順位をつけ譲れない条件の中から職場を選んでくださいね。

    5.漠然とした不安を感じている

    意外かもしれませんが、これといった原因はないのにも関わらず職場へ復帰することへ不安を抱えている人は多いです。

    7年もブランクがあれば漠然とした不安を抱えるのは当然のことですが、まずは何に対して不安を感じているのか原因を究明することが重要です。

    • 日々進歩する看護業界で、自分のスキルや知識は通用するのか
    • ブランクが長いゆえに、今までと同じように働けるのか自信がない
    • 新しい環境へ踏み出すことへの不安
    • 仕事と家庭のバランスが上手くとれるのかわからない不安

    漠然とした不安の原因は人それぞれ異なりますが、不安の原因を明確にしなければ具体的な対策は考えられません。

    原因が分かればサポートを求めることや新しくスキルを身に着けるなど対処法が見つかるので、まずは不安に感じていることの原因を探してみてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    看護師として復帰する前にチェック!7年のブランクを埋める3つの勉強方法

    7年ものブランクがあれば誰でも不安を感じてしまうものですが、医療技術が進歩しているからこそ看護師の不安はより強くなってしまいます。

    そこで、復帰前に少しでも勉強をして勘を取り戻すことも重要なので、少しでもブランクを埋めるために何をすれば良いのか紹介していきますね。

    復職前の勉強方法
    1. 復職支援制度を利用する
    2. 資格を取得し勉強する
    3. セミナーを受講する
    この3つが
    おすすめの
    勉強法です

    少しでも復帰前に勉強をしておけば自信につながるので、自分がやりやすいと思う方法で学んでいってくださいね。

    それでは、どのような勉強法なのか具体的に紹介していきます。

    1.復職支援制度を利用する

    公的機関や民間企業を問わずさまざまな団体が復職を希望する看護師向けに支援をおこない、スムーズな職場復帰を促すため研修をおこなっています。

    支援内容は施設や団体によって異なるものの、これから紹介する3つのサポートをおこなっていることが多いです。

    支援内容の一例
    • 教育研修プログラム
      最新の技術習得を支援し、ブランク期間中のスキルを補う
    • メンターによるサポート
      さまざまな不安を相談し、復職へのサポートをおこなう
    • 心理的サポート
      カウンセリング等を通して不安やストレスの解消をはかる

    看護体験や講習会など実際に手を動かしながら学び直すため、ブランク中のスキル不足を解消するのに有効です。

    スキル面だけでなくメンタル面のサポートもしてくれるので、今後の不安を解消したい人はぜひ活用してくださいね。

    2.資格を取得し勉強をする

    ブランク期間も看護師に役立つ資格を勉強し続けることで自信につながり、スムーズに仕事に復帰できます。

    看護師におすすめの資格はいくつもあるので、どのような診療科目で働きたいのか考えてから取得する資格を決めてくださいね。

    看護師におすすめの資格
    • 救命救急士
    • 急性期ケア専門士
    • 終末期ケア専門士
    • 認知症ケア専門士
    • スキンケアアドバイザー

    研修やセミナーに参加するのが難しい人でも、資格取得であれば自宅で勉強ができるので子育て中の人でも時間が確保しやすいです。

    最近では通信講座などもあり自宅にいながら資格取得へ向けて勉強ができるので、外に出て勉強する時間がない人は通信講座なども検討してみてくださいね。

    3.セミナーを受講する

    国や自治体がおこなっている無料のセミナーもあれば、民間団体がおこなっている有料のセミナーがあります。

    無料有料問わずどちらを利用しても最新の医療について学べるので、復職への不安を抱えている人はぜひ参加してみてくださいね。

    セミナーの一例
    • 日本看護協会主催の研修
    • ナースセンターによる就業支援
    • 大学病院でおこなわれる復職支援セミナー
    • 民間団体が配信する動画型セミナー

    本来であれば対面でおこなわれるセミナーのほうが直接質問できるので良いものの、子どもの預け先がないなどの事情で参加できない人もいます。

    セミナーにも種類があり採血やカテーテルなど基礎的な業務を学び直せるものもあるので、看護スキルに不安を抱えている方は参加してみてくださいね。

    \ 月額980円で動画見放題 /

    ✓ 1本30分前後!毎月15本の動画を配信
    ✓ 格安なのに300本以上の動画を視聴可能
    ✓ 各分野で活躍している豪華講師による役立つ講座が満載

    ▲目次へ戻る

    ブランクがあってもOK!ママナースが働きやすい職場5選

    新しく仕事を探すとき誰でも慎重になってしまうものですが、ブランクがあればなおさら働きやすい職場選びが重要です。

    ブランクがあれば医療行為の少なさも職場選びのポイントになるので、復帰後働きやすい職場を5つ紹介します。

    働きやすい職場
    1. クリニック
    2. 介護施設
    3. 保育園
    4. 健診センター
    5. 託児所が併設されている職場
    ママナース
    でも
    働きやすい

    職場選びがうまくいけば「ブランクがあっても大丈夫だった」と自信につながるので、慎重に選んでくださいね。

    それでは、復帰後どんな職場がおすすめなのか詳しく解説していきます。

    1.クリニック

    医療行為の少ないクリニックは大規模な医療施設よりも復帰しやすく、技術的な不安が残る人でも徐々に感を戻しながら働けます。

    また、夜勤がない施設が多くワークライフバランスもとりやすいので、家事や育児の時間も確保しやすいのが特徴です。

    クリニックのメリット
    • 患者のケアにたずさわる機会が多く、やりがいを持ちながら働ける
    • 比較的症状が軽度の患者が多く、緊張感やストレスが少ない
    • 勤務時間やシフトが柔軟な場合が多く、プライベートの時間を確保しやすい

    クリニックは少人数のスタッフで運営しているため繁忙期は忙しいこともありますが、比較的残業が少なくママナースでも働きやすいです。

    大規模な医療施設よりも心身ともに負担が少ないので、家の近くに求人があるか探してみてくださいね。

    2.介護施設

    介護施設は医療行為よりもバイタル測定や服薬管理など利用者の健康管理をおこなうため、専門性の高い業務がなくブランクがあっても復帰しやすいです。

    デイサービスや特別養護老人ホームは夜勤がなく介護行為も介護士がおこなうため、ブランクがあり体力に不安が残る人でも働きやすいです。

    介護施設のメリット
    • ママナースやママ介護士が多く、同年代の人と働ける
    • 認知症や身体的制約を持つ利用者も多く、特殊なケア技術を学べる
    • 利用者や家族に寄り添いながら働くため、やりがいを感じながら働ける

    利用者やほかのスタッフとコミュニケーションをとる機会が多いため、人と接することが苦にならない人であれば楽しく働けます。

    介護施設は多数存在するため自宅の近くでも仕事を選べるので、通勤に時間をかけたくない人におすすめの職場です。

    3.保育園

    最近では保育園に看護師が配置されることも増え、子どもの成長を見守りながら働けると人気の職場の1つです。

    保育園看護師は土日祝日は休めるのも保育園で働くメリットの1つですが、ほかにも良さがあります。

    保育園のメリット
    • 健康管理やケガの手当てがメインとなるため、医療行為がほとんどない
    • 残業がなくワークライフバランスがとりやすい
    • グループ内のほかの保育園に自分の子どもを預けられる

    基本的な仕事内容は保育士の補助なので、子どもが苦手な人にはおすすめできません。

    しかし、子どもが好きで残業や休日出勤をしたくない人にはおすすめの職場なので、ワークライフバランスを重視する人は求人をチェックしてみてくださいね。

    4.健診センター

    健康診断や人間ドッグをおこなう健診センターは仕事内容がルーティーン化されているため、ブランクがあっても働きやすいです。

    残業も少なく土日休みでプライベートも充実しますが、メリットはそれだけではありません。

    健診センターのメリット
    • 健康チェックや健康相談がメインなので、医療行為が少ない
    • 定時で帰宅でき、ワークライフバランスが充実する
    • さまざまな年代の人と接するため、看護師として幅広い知識がつく

    健診センターでは健康評価やカウンセリングなど幅広い知識が必要とされるため、自分自身も勉強し看護師としてのスキルを高められるのが魅力です。

    ただし、スキルアップを目指している人は物足りなさを感じてしまう可能性もあるので、あくまでもワークライフバランスを重視する人におすすめの職場です。

    5.託児所が併設されている職場

    妊娠・出産を機に仕事を辞めた人におすすめなのが、託児所が併設されている病院や施設です。

    託児所が施設内にあれば休憩中に顔を見ることもでき、子どもと離れて働く寂しさが軽減されるのも魅力の1つです。

    託児所併設のメリット
    • 仕事終わりに保育園へ寄る必要がなく、すぐに帰宅できる
    • 子どもを安心して預けられるため、仕事に集中できる
    • 保育園を探す手間が省ける

    なかには24時間託児所が利用できる病院もあるため、子育て中でも夜勤や早番、遅番などシフトに合わせて柔軟に対応してもらえます。

    託児所が併設されている職場は子育てへの理解が深く働きやすいので、なるべく送迎に時間をかけたくない、保育園の空きがないという人は求人を探してみてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    ブランクがある人におすすめの転職エージェント3選

    ブランクが長い人ほど看護スキルだけでなく、面接に受かるのか不安になってしまいますよね。

    そこで、ブランクがある看護師のサポートに強みがある転職エージェントを3つ紹介するので、うまく活用し転職先探しに役立ててください。

    おすすめの転職エージェント
    1. ナース人材バンク
    2. レバウェル看護
    3. ナースではたらこ
    ブランクが
    あっても
    OKです

    これから紹介する3つの転職エージェントはブランクOKの求人が多く、不安な気持ちに寄り添いサポートしてくれると評判が良いです。

    不安な気持ちを軽減するためにも担当者と二人三脚で職探しをしたほうが効率が良いので、各サービスの特徴を詳しく解説していきますね。

    1.ブランクOKの求人が多い「ナース人材バンク」

    特徴
    • 年間利用者10万人越え、満足度97%の実績あり
    • 公式サプリを使えばサクッと求人が検索できる
    • 子育て中のキャリアアドバイザーが在籍
    運営会社株式会社エス・エム・エス
    本社所在地東京都港区芝公園2-11-1
    住友不動産芝公園タワー
    設立2003年4月
    対応エリア全国
    拠点数13拠点
    営業時間9時30分~18時30分
    公開求人数約290,000件
    対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
    対応施設クリニック、介護施設、訪問看護など
    雇用形態正社員、パート、派遣社員など
    おすすめの人地域密着型のサポートを受けたい
    LINEで気軽に連絡を取りたい
    ブランクがありサポートをしてほしい
    公式サイトhttps://www.nursejinzaibank.com/

    ナース人材バンクには子育て中のキャリアパートナーが多数在籍していることもあり、子育てをしながら働くママナースの気持ちを汲み取ったうえで求人を紹介してくれます。

    大都市近郊の求人は多いが地方は少ないという転職エージェントも多い中、ナース人材バンクは地方も求人も充実しているので職探しがしやすいのが特徴です。

    「復帰はしたいがブランクが不安」「地方の求人を探したい」という人におすすめの転職エージェントなので、ぜひ活用してみてくださいね。

    ミヤ

    子育ての大変さを理解してくれる担当者と二人三脚で仕事探しをすると、安心感が違います。

    2.求人数が多く検索しやすい「レバウェル看護」

    特徴
    • 累計40万人突破と業界トップレベルの利用者数をほこる
    • 公開求人だけでも競合他社より圧倒的に多い14万件以上
    • とくに地方の求人に強みがあり、全国さまざまな土地の仕事を探せる
    運営会社レバデジーズメディカル株式会社
    本社所在地東京都渋谷区渋谷2-24-12
    渋谷スクランブルスクエア24F、25F
    設立2017年10月
    対応エリア全国
    拠点数11拠点
    営業時間0時~24時
    ※登録は9時~21時(平日のみ)
    公開求人数約140,000件
    対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師など
    対応施設病院、クリニック、介護施設など
    雇用形態正社員・パート・派遣
    おすすめの人地方で仕事を探している
    LINEでやり取りしたい
    1つでも多くの求人に目を通したい
    公式サイトhttps://kango-oshigoto.jp/

    圧倒的求人数をほこるレバウェル看護は、公開求人だけでなく非公開求人も業界最大級保有するなど、求職者の選択肢がグッと広がる転職エージェントです。

    「地方でも面談可能」「24時間連絡可能」など利用しやすい条件が整っているので、たくさんの求人のなかから自分に合う仕事を探したい人は登録必須と言えるほどおすすめです。

    対応施設も多く正社員や非常勤などライフスタイルに合った働き方ができるので、転職を成功させたい人は積極的に活用してくださいね。

    ミヤ

    LINEやメール、SMSで担当者とやり取りができるので、働きながらでもコンサルタントと連携しやすいのが特徴です。

    3.面接に同行してくれる「ナースではたらこ」

    特徴
    • 全国各地の医療機関を網羅し、7割は地方の求人を扱っている
    • 担当者とは別に安心サポート窓口があり、相談できる制度が整っている
    • 気になる病院に自分から応募できる逆指名制度が利用できる
    運営会社ディップ株式会社
    本社所在地東京都港区六本木3-2-1
    設立1997年3月
    対応エリア全国
    拠点数36拠点
    営業時間0時~24時
    公開求人数約95,000件
    対応職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
    対応施設クリニック、介護施設、保育園、施設など
    雇用形態正社員、契約社員、非常勤
    おすすめの人クリニックで働きたい
    地方在住の面接同行希望者
    気になる病院に直接応募したい
    公式サイトhttps://iryo-de-hatarako.net/

    アルバイト求人「バイトル」を運営するディップ株式会社は、求人を扱うプロとして求職者から絶大な支持を得ている転職エージェントです。

    履歴書添削や面接のアドバイスだけでなく面接にも同行してくれるので、1人では不安な転職活動も担当者と二人三脚で進めていけます。

    求人の8割はクリニックというほどクリニックに特化した転職エージェントなので、病院以外の施設で働きたい人は登録して損はないですよ。

    ミヤ

    気になる病院には自分から応募できる逆指名制度もあるので、転職サイトと転職エージェントどちらの役割も果たせます。

    ▲目次へ戻る

    「ブランクがあって怖い..」よくある復帰に関する3つの疑問や悩み

    ブランクの期間が長いほど仕事復帰の不安は増してしまうものなので、いろいろなことを悩んでしまいますよね。

    そこで、ブランクが怖いと悩む看護師のよくある悩みを3つ紹介するので、疑問解決に役立ててください。

    復帰に関するよくある悩み
    1. 復帰の際におすすめの本はある?
    2. ブランク10年以上でも復帰できる?
    3. 潜在看護師が復職しない理由は?
    この3つを
    紹介します

    つねに人手不足の看護業界はブランクがあっても引く手あまたなので、理想の職場はかならず見つかります。

    とはいえ不安は少しでも解消してから復帰したほうが安心して働けるので、よくある疑問を詳しく解説していきますね。

    1.看護師が復帰する際におすすめの本はある?

    医療の世界は日々進歩し看護師も変化していくので、新しい知識やスキルを身に着けるなら本が1番手っ取り早いです。

    とはいえ看護関連の書籍は多数販売されているので、とくにおすすめの本を2冊だけ紹介します。

    著:NTT東関東病院 看護部, 監修:坂本 すが, 監修:井手尾 千代美, 編集:木下 佳子
    ¥5,060 (2024/04/18 01:10時点 | Amazon調べ)

    全ページカラーで臨床に必要な看護技術が掲載されているので、写真でわかりやすく臨床技術を学び直したい人におすすめの1冊です。

    51項目の看護技術を「どのように」「何に注意して」「どのような手順なのか」写真付きで解説しているので、基礎の復習ができますよ。

    メディックメディア
    ¥3,630 (2024/04/05 19:18時点 | Amazon調べ)

    現在4巻まで発売されている看護がみえるシリーズは、見落としがちな観察ポイントも写真付きで解説されているためわかりやすいです。

    学校でも先生が書籍を参考に資料を作っているほど定番のシリーズなので、見やすくわかりやすい本を探している人におすすめです。

    ブランクの有無にかかわらず1度は読んだほうが良いと断言できるほどおすすめの本なので、ぜひ手に取って看護技術の学び直しに役立ててください。

    2.ブランクが10年以上あっても看護師として復帰できる?

    10年以上ブランクがあると「もう看護師として働けないのでは」と不安になってしまいますが、まれにではあるもののブランクが20年ある人でも復職しています。

    自転車の乗り方や楽器の練習など1度覚えたことは忘れないように、看護師のスキルも忘れることはありません。

    復帰が不安なときの対処法
    • セミナーや講習会に参加する
    • 医療行為が少ない職場へ復帰する
    • ブランクを埋めるフォロー体制が整っている職場を選ぶ

    たとえ10年の時を経ても身体は覚えているものなので、不安な場合は上記の対処法を試してみてくださいね。

    3.潜在看護師が復帰しない理由は何?

    国立保健医療科学院の調査によると潜在看護師は79万人以上にのぼり、看護職員の就労者数の半数程度と非常に多い人数です。

    復帰しない理由は人それぞれですが、大きくわけると以下の7つの理由に当てはまるケースが多いです。

    復帰しない理由
    • 復帰後のサポート体制が整っていない
    • 子どもを預ける場所がなく、復帰できない
    • 進歩してい看護技術についていけるかという不安
    • 緊張感を持ちながら働き続けることへの戸惑い
    • 家庭の事情や体力的な問題で、夜勤が難しい
    • 急な休みが取りにくく、家事や育児に支障をきたす
    • すでにほかの仕事をしているため、看護師に戻れない

    さまざまな事情で1度看護の現場を離れたからこそ不安がつきまとい、ブランク期間が長引いてしまう原因にもなってしまいます。

    どの看護師も進歩し続ける医療技術に対応できるのかを不安視しているので、復帰を望む場合はセミナーの参加や読書などから始めてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    看護師はブランクが何年あっても問題ないが不安がつきまとう

    看護師の退職理由のなかで結婚や妊娠、出産を理由に挙げる人が多く、3年~7年ほどブランク期間がある人も珍しくありません。

    どうしても復帰が不安な場合は復職支援制度やセミナーの受講など、もう1度看護スキルを学び直すと安心して働けますよ。

    まとめ
    • 明確な理由もあれば漠然としている人もいるが、ブランクがあれば復帰に不安を感じてしまう
    • 看護技術の学び直しや資格取得、本を読むなど少しでも勉強をしておくと、安心して復帰できる
    • ブランクが不安な場合は医療行為の少ない職場を選べば、働きながら勘を取り戻していける

    ブランクが長ければ長いほど最新の医療技術に対応できるか不安になってしまうのは当然のことなので、まずは医療行為が少ない職場を選び復帰してみてください。

    自然に昔の記憶がよみがえり自信を持って仕事をできるようになるので、復帰に向けて第一歩を踏み出してみてくださいね。

    ミヤ

    職場選びが上手くいけば自信を取り戻せるので、慎重に選びましょう。

    スクロールできます

    ナース人材バンク

    レバウェル看護

    ナースではたらこ
    公開求人数約290,000件約141,000件約94,000件
    対応エリア全国全国全国
    求人が多い地域全国各地東北・関東・東海地方全域
    求人が多い施設クリニック
    訪問看護
    デイサービス
    病院
    クリニック
    介護施設
    クリニック
    特徴LINEで手軽に連絡可能
    ブランクOKの求人が多い
    地方の求人も多い
    地方で面談可能
    24時間電話対応可能
    非公開求人が豊富
    クリニックの求人が豊富
    約7割が地方の求人
    逆指名制度あり
    おすすめの人ブランクがある
    アプリで求人を探したい
    地方在住
    勤務経験なし
    クリニックで勤務希望
    面接同行希望
    詳細記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る
    公式サイトナース人材バンクレバウェル看護ナースではたらこ
    SHARE
    • URLをコピーしました!
    目次