看護師の給料は500万円台で頭打ち!年収が低いと感じる瞬間や給与をUPさせる3つの方法を紹介

    「なんで看護師の給料って上がらないんだろう」
    「こんなに働いているのに給料が低いのはなんでだろう」

    と思うことはありませんか?

    本来であれば経験を積むごとに給料は上がっていくものですが、看護師の基本給は30代を過ぎるとあまり変わりません。

    ときには人の命を預かり責任がある仕事をしているのにも関わらず、なぜ看護師の給料は安いままなのでしょうか。

    この記事を見れば自分がもらっている給料は平均と同じくらいなのか、どうすれば年収を上げられるのかわかります。

    「仕事内容と給料が割に合わない」と感じ悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    • 頑張って働いても給料が全然上がらない
    • 重労働で精神的にも負担が大きいのに給料は安い
    • 業務時間外にも勉強が必要なのに実質タダ働き

    ときには人の命を預かる看護師の仕事は心身ともにハードな仕事ですが、大変な割に給料が安いと感じながら働いているナースは非常に多いです。

    給料を上げるために夜勤の回数を増やすのも手段の1つではあるものの、無理をすれば身体を壊してしまうかもしれません。

    手っ取り早く給料を上げるなら転職が1番早いので、現状に不満を抱えている人は待遇の良い職場を探してみてください。給料が高くても勤務環境が悪ければ転職の意味がなくなってしまうので、しっかりとリサーチしたうえで転職先を決めてくださいね。

    内部情報に詳しい
    おすすめの転職エージェント

    公開求人数おすすめポイント

    レバウェル看護
    約150,000件クリニック求人が多い
    24時間応対可能
    業界最大級の非公開案件

    ナースではたらこ
    約96,000件全国の医療機関を網羅
    8割はクリニックの求人
    地方の求人に強い

    看護師ワーカー
    約32,000件他社にはない非公開求人
    施設の求人が多い
    サイトにない求人も応募可能
    ※2024年4月時点の公開求人数
    目次

    看護師の給料は500万円台で頭打ち?年齢別の平均年収

    国税庁の調査によると全職種の女性の平均年収は280万円ほどしかないものの、看護師はほかの職種に比べると年収が高く482万円もの年収をもらっています。

    定年に近づき50代になると年収は500万円台になるので、年齢別の平均年収を紹介していきますね。

    年齢月収年間賞与年収
    20~24歳28万4600円47万円388万5200円
    25~29歳31万7700円75万円456万2400円
    30~34歳32万3600円77万円465万3200円
    35~39歳33万1200円83万円480万4400円
    40~44歳34万6100円89万円504万3200円
    45~49歳35万3600円92万円516万3200円
    50~54歳36万2200円95万円529万6400円
    55~59歳35万9900円96万円527万8800円
    60~64歳31万3200円66万円441万8400円
    65~69歳29万2700円57万円408万2400円
    70歳以上27万7900円35万円368万4800円
    20~59歳までの平均33万4862円82万円482万4600円
    (出典)平成29年賃金構造基本統計調査

    あくまでも平均ではあるものの看護師の給料のピークは50歳~54歳で、530万円ほどで頭打ちとなってしまいます。

    20代はほかの職種よりも年収が高いものの、30代以上の年収上昇率は緩やかで月収はほとんど変わりません。歳を重ねても年収はほとんど変わらないことから、看護師の給料は安いと言われてしまうのは当然のことなのかもしれません。

    ミヤ

    看護師の年収は地域差も大きいので、同じ仕事をしていても年収が100万円以上開いてしまっています。

    ▲目次へ戻る

    なぜ看護師の給料は低いの?7つの理由を解説

    ほかの職種であれば歳を重ねるごとに年収も上がっていくものですが、看護師の場合は年齢ごとの給料に大差はありません。

    ときに人の命を預かる重要な仕事をおこなっている看護師の給料はなぜ安いのか、7つの理由を紹介します。

    給料が低い理由
    1. 仕事内容と給料が割に合わない
    2. 精神的に負担がかかる
    3. 夜勤なしだと看護師は年収が低い
    4. 拘束時間が長く時給換算したら安い
    5. 業務時間外の勉強が多い
    6. 残業代が全額支払われない
    この7つが
    低い原因!

    給料が安いと感じる理由は職場によって異なるものの、これから紹介する7つの理由は看護師なら「どれもわかる」と同調したくなるものばかりです。

    なぜ対価に見合った報酬がもらえていないと感じるのか、理由を詳しく紹介していきますね。

    1.仕事内容と給料が割に合わない

    座る暇もなく1日中病院内を駆け回る看護師は毎日とても忙しく、デスクワークなどと比較すると身体的な負担は計り知れません。

    職場によって仕事内容に差はあるものの看護師のやることはとても多く、仕事中に一息つく時間がないことも給料が安いと感じる要因の1つになっています。

    看護師がおこなう仕事の一例
    • バイタルサインチェックなど容態の管理
    • 食事や入浴などの補助
    • 身の回りのお世話
    • 看護計画やカルテ記録などの事務作業
    • 採血や点滴など診察の補助業務

    激務で休む時間がないうえに夜勤や残業で仕事のリズムが崩れやすい、体力の消耗が激しいなどの理由から「忙しいわりに給料が安い」と感じてしまいます。

    人の命を預かる責任がある仕事なのにも関わらず給料が安いので、割に合わないと感じるのは当然のことです。

    2.精神的に負担がかかる

    ときには人の命を預かり責任の重い看護師は、ミスをしてはいけないとプレッシャーを抱えながら働いています。

    医療の現場ならではの精神的な負担がある一方で、ストレスを感じる場面はほかにもあります。

    ストレスを感じる場面
    • 患者さんとのコミュニケーション
    • 上司や医師との人間関係
    • プライベートが充実できない

    看護師はストレスを抱えやすい職業だと言われるほど精神的に過酷な仕事なので、こんなに頑張っているなら給料を上げてほしいと感じてしまいますよね。

    ストレスを抱えながら働き続けるとうつ病など精神的な病を発症してしまう可能性もあるので、自分に合うストレス発散法を探してみてください。

    3.夜勤なしだと看護師は年収が低い

    日本看護協会の調査によると「2交代制の夜勤11,286円」「3交代制の夜勤5,122円」と、夜勤の有無が給料にも反映されています。

    勤務場所によって異なるものの夜勤がない職種の年収は低いので、病棟とそれ以外の施設の平均年収を比較していきますね。

    勤務場所平均年収
    総合病院437万円
    クリニック409万円
    介護施設394万円
    企業415万円
    その他370万円
    (出典)医療ワーカー

    2交代制の夜勤を月に5回出勤するだけで月収が56,430円も変わり、日勤のみで働いた場合年収は50~100万円下がるといわれています。

    「体力はきついが夜勤をしなければ生活が成り立たない」と言う看護師もいるほど基本給が安いので、夜勤手当がいかに重要なのかわかります。

    4.拘束時間が長く時給換算したら安い

    病棟に勤務する看護師の拘束時間は異様なほど長く、2交代制の夜勤をおこなえば16時間以上拘束されることもあります。

    夜勤だけでなく、看護師には「拘束時間が長い」「もう帰りたい」と感じる場面がいくつもあります。

    拘束時間が長いと感じる瞬間
    • 2交代制の場合は1日の半分以上仕事をしている
    • 当たり前のように前残業や残業があり、定時で帰れない
    • 夜勤の回数が多すぎる

    夜勤でなくとも急患があれば定時に帰宅できないことは多々あり、給料と拘束時間が見合っていないと感じるのは当然のことです。

    拘束時間が長いわりに時給換算をすると安いと感じるため、たとえ同年代より年収が高くても「こんなに働いているのに給料が安いな」と感じてしまいます。

    5.業務時間外の勉強が多い

    大規模な病院で働いている場合は通常の業務だけでなく、勉強会や研修が頻繁にあり業務時間外に参加しなくてはいけません。

    日本看護協会の調査によると院内研修を勤務扱いとしている病院は2割しかなく、半数の病院は一部のみ勤務扱いにしています。

    時間外手当の有無
    勤務扱い
    21.8%
    一部勤務扱い
    49.3%
    勤務扱いではない
    26.4%

    驚くことに全国の病院の約1/4は実質タダで勉強会への参加を義務付けているため、働くモチベーションが下がるのは当然ですよね。

    勉強会だけでなく看護師には業務時間外に覚えなくてはいけないことがたくさんあるため、割に合わない、給料に反映してほしいと感じながら働いている人が多いです。

    6.危険な仕事だが手当がつかない

    新型コロナウイルス患者が入院する病棟で働く看護師の過酷さが報道され話題になりましたが、看護師の仕事はつねに感染リスクを背負い働いています。

    世間をパニックに陥らせた新型コロナウイルスですら危険手当が支給された人は全体の約2割と、労働環境に不満を感じている看護師はとても多いです。

    危険手当の支給実績
    支給された
    22.7%
    今後支給予定
    22.5%
    支給されなかった
    45.5%

    (出典)日本看護協会

    リスクをともなっているものの危険な現場で手当てがつくことはなく、恐怖と隣り合わせで働く看護師も多いです。

    新型コロナウイルス以外の感染リスクもあるなかで疾病にかかった際も労災が適用されることはないため、給料と大義委が見合わないことに不満を感じてしまうのは当然のことではないでしょうか。

    7.残業代が全額支払われない

    看護師の不満ランキングでつねに上位の残業代ですが、看護の世界では前残業や残業が当たり前のようにおこなわれています。

    残業代が支給されれば不満に感じないものの、なかにはタイムカードを打刻してからカルテの入力をおこなうほどサービス残業が蔓延しています。

    残業代は申請しているのか
    少し遠慮している
    45.4%
    きっちり申請している
    30.9%
    勝手にカットされている
    6.0%

    (出典)カンゴトーク

    残業がほとんどない職場がある一方で約50%の看護師は正当な残業代をもらっていないため、何のために働いているのかわからなくなってしまいますよね。

    法律では残業代は請求できるものの職場の雰囲気で請求できない、請求してはいけない空気が流れているため、サービス残業が多く給料が低いと感じるのは当たり前のことです。

    ▲目次へ戻る

    看護師の給料が低くなってしまう根本的な原因

    心身ともに負担がかかるうえに拘束時間が長い看護師ですが、実は給料が低いのには原因があります。

    看護師だけではどうにもならない医療機関ならではの事情があり、最大の要因は診療報酬から人件費が捻出されているためです。

    看護師の給料が低くなる要因
    • 診療報酬で得たお金は医薬品の管理や医療機器の購入費など、さまざまな用途で使われる
    • 患者さんに選んでもらえるよう、医療機器や設備投資に力を入れている
    • 人件費にかけるお金は決まっているものの、ほかの費用が圧迫している
    • 看板となる医師に高い報酬を払っている
    • 昇給し看護師長へ上り詰めるのは全体の1割強で、給料が横ばいになっている

    「あの医者は評判がいいから」と聞くものの「あの看護師は評判がいい」と言われることはなく、やはり患者さんにとって設備や医師の質が来院するのか決める重要な要素になります。

    看護師がいなければ仕事は回らないものの人件費を回せないのが実情なので、診療報酬が上がり看護師に回ってこない限り給料が頭打ちなのは仕方のないことなのかもしれません。

    ミヤ

    診療報酬や給料は看護師の力では抗えないので、根本的原因が解決するのを願うしかないのが現実です。

    ▲目次へ戻る

    看護師の給料はいいの?年収アップを目指す3つの方法

    大卒女性の初任給は22万円と言われるなか看護師は27万円と同年代よりも5万円高いものの、年収は緩やかに上昇するため「専門職なのに安い」と感じる人は一定数います。

    ほかの職種より平均年齢は高いものの激務で割に合わないと感じている人のために、年収を上げる3つの方法を紹介します。

    年収UPを目指す方法
    1. 働き方を見直す
    2. 副業を始める
    3. 転職する
    給与UPが
    見込めます

    仕事内容と給料が見合わないと感じながら働いているものの、残念ながらアクションを起こさなければ年収が上がる見込みはありません。

    どうすれば今よりも給料を上げられるのか、誰でもできる3つの対策を詳しく解説していきます。

    1.働き方を見直す

    仕事や職場は気に入っているが給料が割に合わないと感じている人におすすめなのが、働き方を見直し年収UPを目指す方法です。

    働き方を見直すと言っても方法はいくつかあるので、代表的な手段を3つ紹介します。

    働き方を見直す方法
    • 資格を取得し、基本給UPを目指す
    • 夜勤の回数を増やし、夜勤手当をもらう
    • 基本給が上がる管理職を目指す

    管理職に昇給する基準や資格手当の有無は働いている病院によって異なるものの、働き方を見直すだけで給料が上がる可能性があります。

    ただし、仕事が忙しく資格取得や夜勤の体力が残っていないなどの事情もあるので、無理はしないでくださいね。

    2.副業を始める

    今の職場の人間関係や仕事内容に不満がないものの「給料だけ上がれば問題ない」という場合は、副業を始め収入を増やすのも1つの手です。

    看護師のスキルはさまざまな場面で活躍するため、おすすめの副業を5つ紹介します。

    看護師におすすめの副業
    • 休日を利用し、夜勤専従看護師のアルバイト
    • 単発ゆえに時給が高い単発バイト
    • 経験を活かし、Webライターやブログの執筆をおこなう
    • 休憩中など隙間時間におこなうアンケート回答
    • 本業が休みの日におこなう覆面調査

    しっかり稼ぎたいのか少しでも収入をUPさせたいのかで選ぶ仕事は変わるものの、体力や気力、時間に余裕があれば本業にプラスαのお金を受け取れます。

    ただし、就業規則で副業が禁止されている場合もあるので、きちんと確認してから副業を始めてくださいね。

    3.転職をする

    昇給や資格取得は時間がかかってしまうので、手っ取り早く年収UPを目指すなら待遇の良い職場に転職をすることです。

    看護師の給料は「どこで何をして働くのか」で大幅に変わるため、今の職場に不満がある場合は思い切って転職するのも1つの手です。

    給料が高い職場
    • インセンティブがもらえ大幅に給料UPを目指せる「美容クリニック」
    • 規模が大きく給料も高い傾向にある「総合病院」
    • 平均年収よりも40万円ほど高い「介護老人保健施設」
    • サービスの質が高いほど給料も高くなる「有料老人ホーム」
    • オンコール手当が支給される「訪問看護ステーション」

    規模が大きい総合病院や経営状態が良い民間の施設であれば今よりも年収が上がる可能性が高いので、転職をするだけで給料が上がります。

    ただし、給料が高く設定されている裏には拘束時間が長い、離職率が高いなどの事情が隠されている可能性もあるので、かならずリサーチをして転職をするか決めてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    看護師転職で失敗しないためにチェックする5つのポイント

    「働きやすい職場がいい」「転職で失敗したくない」と思うのは誰でも同じですが、目先の給料だけで転職をすれば失敗してしまいます。

    思い切って転職したものの「思っていたのと違う」とギャップを感じた経験がある人は少なくないので、どのような点に注意して転職先をチェックすればいいのか紹介していきますね。

    離職率
    離職率が高い職場は問題を抱えている場合が多いので、好条件で求人を出している可能性があります。

     人間関係が悪い
     仕事がハードすぎる
    せっかく入職しても辞めてしまうのはもったいないので、事前に確認しましょう。
    具体的な仕事内容
    どんな業務がおこなわれているのか、1日に何人受け持つのかなど1日の流れを確認しておくとミスマッチを防げます。

     どの程度のスキルが必要なのか
     仕事量はどのくらいなのか

    事前に把握しておけば安心して働けるので、面接や職場見学で確認しておきましょう。
    残業の有無
    求人には「残業が少ない」など記載していても、実際にはサービス残業が多いケースは多々あります。

     月にどの程度残業があるのか
     残業代は支払われるのか

    面接時には聞きにくい内容ですが、残業時間やサービス残業があるのかは確認したほうが良いので確認してくださいね。
    給料
    求人には「月収30万円~」など記載されていてもモデルケースとして提示されているケースが多く、実は夜勤や残業手当なども含まれている可能性が高いです。

     基本給はいくらなのか
     実際にはいくら稼げるのか

    給料の内訳はきちんと確認しておいたほうが良いので、書面で確認できるよう依頼しましょう。
    支給される手当
    基本給のほかにどのような手当てが含まれているのか確認しておくと、おおよその給料を把握できます。

     資格手当や家族手当などはあるのか
     夜勤手当はいくらなのか

    入職後「給料が低かった」と後悔しないためにも、事前にどのような手当てがあるのか確認しておきましょう。

    せっかく転職したのにも関わらず「もう辞めたい」「前の職場のほうが良かった」と感じることは多々あるので、転職に失敗しないためにも気になる転職先のことは徹底的にリサーチしておきましょう。

    自分だけでリサーチするのが不安な場合は内部情報に詳しい転職エージェントを利用し、入職後のミスマッチを少しでも減らしてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    看護師の給料は50代の500万円台で頭打ちになってしまう

    看護師の年収は40歳を過ぎると500万円台に到達するものの、最高年収は50歳~54歳の529万円で頭打ちになってしまいます。

    看護師が不満を感じるのは給料だけではないものの収入が良ければ我慢できることもあるので、やはり年収は高いに越したことはありません。

    まとめ
    • 給料が安いと言われているものの、看護師の生涯年収は2億以上とほかの職種より高い
    • 日勤のみで働いた場合、夜勤ありの年収より50万円~100万円ほど下がってしまう
    • 診療報酬から人件費が捻出されるため、看護師の給料は安くなってしまう

    ハードな仕事の上に夜勤や残業があり大変な看護師の多くは、もう少し給料が高ければと感じながら働いています。

    看護師の給料はどこで何をして働くのかで大きく異なるので、スキルアップや副業、転職など自分にできる方法で年収UPを目指してくださいね。


    レバウェル看護

    ナースではたらこ

    ジョブメドレー
    公開求人数約141,000件約94,000件約42,000件
    対応エリア全国全国全国
    求人が多い地域東北・関東・東海地方全域関東・東海・関西
    求人が多い施設病院
    クリニック
    介護施設
    クリニック介護施設
    訪問看護
    特徴地方で面談可能
    24時間電話対応可能
    非公開求人が豊富
    クリニックの求人が豊富
    約7割が地方の求人
    逆指名制度あり
    スカウト機能あり
    勤続支援金をもらえる
    自分で求人を探せる
    おすすめの人地方在住
    勤務経験なし
    クリニックで勤務希望
    面接同行希望
    サポートは不要
    2回目以降の転職
    詳細記事詳細を見る詳細を見る詳細を見る
    公式サイトレバウェル看護ナースではたらこジョブメドレー
    SHARE
    • URLをコピーしました!
    目次