社会保険給付金サポートの利用はデメリットよりメリットがはるかに上回る!受給金額と条件を解説

    「初めて社会保険給付金って聞いたけど、どんな制度なんだろう」
    「社会保険給付金って、自分で申請できるのかな」

    と気になっていませんか?

    さまざまな事情で長期間働けないとき、真っ先に不安になるのが「今後どうやって生活していこう」という点ではないでしょうか。

    そんなときに役立つのが、失業保険と傷病手当金の公的制度を利用した社会保険給付金です。

    この記事を見れば自分が社会保険給付金の申請対象なのか、どうすればスムーズに受給までこぎつけられるのかがわかります。

    社会保険に加入していた人であれば誰でも受け取れる可能性があるので、退職後のお金の負担を減らしたい方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    ミヤ

    社会保険給付金の申請は社労士レベルの知識が必要なので、確実に給付金を受け取りたい人は専門家に相談するのが1番です。

    \ 全額返金保証つき /

    ✓ 顧客満足度98%達成
    ✓ 1,000人以上のサポート実績あり
    ✓ 相談や受給資格があるか確認するだけなら無料

    社会保険給付金は最大28ヶ月受給できる公的制度なので、退職後のお金の心配をグッと減らせます。

    ただし、社会保険給付金は個人でも申請できる傷病手当金と失業保険ですが、手続きが難しいこともあり書類を用意する段階で挫折してしまう人も少なくありません。申請には社労士レベルの知識が必要だと言われているので、確実に受給したい方は1度プロに相談してみてくださいね。

    目次

    社会保険給付金サポートとは何なのか3つの基本情報を解説

    社会保険給付金は業者が独自に使っている名称なので正式なものではなく、傷病手当金と失業保険をまとめた名称でやむを得ない事情で働けない人をサポートする給付金です。

    社会保険給付金って初めて聞いたが怪しい、どんな制度なのかわからないという人のために、社会保険給付金やサポート業者の基本情報を詳しく紹介していきますね。

    社会保険給付金サポートとは何か
    1. そもそも社会給付金とは何か
    2. 給付金を受給する条件について
    3. 社会保険給付金サポートの仕組み
    まずは
    基礎から!

    社会保険給付金は公的な制度なので、条件を満たせば誰でも受け取れます。

    どんな制度なのか、給付金を受け取る条件はあるのかなど、社会保険給付金について詳しく解説していきますね。

    1.そもそも社会保険給付金とは何なのか

    社会保険給付金は多くの労働者が給料から天引きされている社会保険や雇用保険を利用した制度で、退職後に支給される給付金です。

    「社会保険や雇用保険は払っているけど何のことかわからない」という人が多いので、まずは簡単に社会保険とは何かを紹介していきますね。

    一定の条件を満たすと強制的に雇用保険に加入するため、失業後に失業手当や傷病手当を受け取れます。

    失業手当や傷病手当は公的制度として社会保険給付金は誰でも受給できるので、すぐに転職しない、現在働けないという方はぜひ制度を利用してみてくださいね。

    ミヤ

    社会保険給付金はサポート会社が名付けた名称なので、公的な名称ではありません。

    2.給付金は条件を満たさなければ受け取れない

    社会保険給付金は公的な制度なので誰でも利用できますが、残念ながら失業中の人すべてが受け取れるわけではありません。

    せっかく保険料を支払っていたのに給付金がもらえなかったら損をしてしまうので、受給できる3つの条件を紹介します。

    1.転職先が決まっていない20歳~59歳
    1つ目の条件として社会保険給付金は、転職先が決まっていないことが大前提です。
    なお、現在は働いていないが最終先が決まっているという人は支給されないので、注意してください。
    2.社会保険に1年以上加入している
    雇用保険の加入が1年未満の場合は加入できないので、かならず加入期間を確認してください。
    3.まだ退職していない
    社会保険給付金は申請してもすぐに受け取れるわけではないので、退職前に申請の準備をしておきましょう。
    サポート会社に依頼すれば退職後でも受給資格の有無を確認してくれますが、基本的には「退職前に支給の準備を始める」と覚えておいてくださいね。

    自己都合で退職した場合は90~150日失業保険を受け取れますが、最長の150日は雇用保険の加入期間が20年以上の方のみです。

    本来であれば90日間しか受け取れない失業保険と社会保険給付金を利用すれば最大28ヶ月給付金を受け取れるので、しばらく働く予定のない方は受給を検討してみてください。

    3.社会保険給付金サポートの仕組み

    労働者の4人に1人が受給できる可能性がある社会保険給付金ですが、実際に受給している人は9万人ほどとごくわずかです。

    制度自体を知らない人も多いので、社会保険給付金とはどのような仕組みなのか詳しく紹介していきますね。

    傷病手当と失業手当は自分でも申請できるものの手続きが難しく、社労士レベルの知識がなければ書類の準備すらできず給付金を受け取れないまま終わってしまいます。

    社会保険給付金サポートを利用すれば本来支給されるはずの金額をすべて受け取れるので、長年払った保険料を無駄にせず退職後も安心して暮らせます。

    ▲目次へ戻る

    社会保険給付金は自己申告制だが申請がとても難しい

    社会保険給付金は退職したから自動で支給されるわけではなく、自分で申請し手続きをしなければ受け取れません。「どうせ自分は受け取れない」「制度を知らなかった」という人が多く、本来受け取れる給付金を受け取れない人が非常に多いです。

    通常3ヶ月しかもらえない失業保険を最大28ヶ月もらえるので、詳しい専門知識がなければ提出する用紙を用意するだけで挫折してしまいます。

    給付金を申請する際のハードル
    • そもそも申請手続き自体が難しい
    • 会社に傷病手当金の申請用紙を記入してもらえなければいけない
    • 医師に「病気やケガで仕事ができない状態」と証明してもらわなければいけない
    • 保険組合に申請を拒否される可能性がある

    申請の手続き自体が難しいだけでなく、何度も書類の不備を繰り返すと不正受給を疑われ受給できなくなってしまう可能性があります。

    自分1人では会社に傷病手当金の用紙を記入してもらうだけでもハードルが高いので、プロに任せると確実に傷病手当金と失業手当を受け取れますよ。

    ミヤ

    1人当たり数十万円~数百万円受け取れる可能性があります。

    ▲目次へ戻る

    社会保険給付金サポートを利用する3つのメリット

    社会保険給付金サポートは申請が難しいため、お金をかかってしまうもののサポート会社を利用したほうが良いです。

    とくに「しばらく仕事をするつもりはない」「病気などで働けない」という人は受給を検討したほうがいいので、社会保険給付金サポートを利用する3つのメリットを紹介します。

    サポートを利用するメリット
    1. 最大28ヶ月間安心して生活できる
    2. プロからアドバイスをもらえる
    3. 難しい申請を徹底的にサポートしてくれる
    有料でも
    依頼する
    価値あり

    傷病手当と失業手当を組み合わせ最大28ヶ月間お金を受け取れるので、有料でも専門家にサポートを依頼したほうが良いです。

    どのようなメリットがあるのか、詳しく解説していきますね。

    1.最大28ヶ月間安心して生活を送れる

    ケガや病気で働けないときの最大の不安が「どうやって生活しよう」というお金の不安ですが、プロに相談し社会保険給付金を受け取れば2年近く生活の不安がなくなります。

    もらっていた給料によって支給される金額が変わるので、いくら支給されるのか具体例を紹介していきますね。

    会社員時代よりも受け取れるお金は下がってしまうものの、ケガや病気で働けないときに金銭的な不安を軽減できれば安心して生活を送れます。

    社会保険給付金は今まで支払っていた保険料から支給されるので、労働者の当然の権利として生活費にあててくださいね。

    2.社会保険に詳しいプロからアドバイスをもらえる

    たとえば自己都合で退職した場合の失業保険は最大150日間、会社都合の場合は最大330日間と受給額が異なり素人では判断が難しいです。

    会社から自己都合退職と言われても実際は会社都合になるケースもあるので、社会保険に詳しいプロにアドバイスをもらえば損をせずに受給額を受け取れます。

    プロにアドバイスをもらうメリット
    • 正確かつ最新の情報を教えてもらえる
    • 迅速に行動できるため、自分で申請するよりも受給開始時期が早い
    • 適切な給付金の種類や金額がわかる
    • 法的なコンプライアンスを確保し、トラブルに発展するリスクが低い
    • ケースバイケースで具体的にアドバイスをしてくれる

    社会保険給付金のシステムを理解しているプロにアドバイスをもらうからこそ、会社とのトラブルのリスクを抑えたうえで迅速かつ正確に申請書類が提出が完了します。

    本来であれば支給されるはずの給付金をもらえないと損をしてしまうので、ぜひプロに受給資格の有無があるのかも含め相談してみてくださいね。

    3.難しい申請を徹底的にサポートしてくれる

    ひとことで社会保険給付金と言っても雇用保険の加入期間など細かな条件で、必要書類や支給される金額が異なります。

    それゆえに申請が難しいと言われていますが、専門家に相談すれば現在の状況や退職後の予定をヒアリングしたのち、申請方法などをアドバイスしてくれます。

    社会保険給付金を受け取るまでの流れ
    1. 無料相談の申し込み
    2. 対面またはWebで個別懇談会をおこない、適用条件を確認する
    3. 入金後サービス開始
    4. アドバイスをもとに必要書類を準備し、提出
    5. 審査後、受給確定

    受給者本人が申請しなければいけないので代理で申請はできないものの、自分だけでは書類の用意すら難しい申請をプロに依頼すれば最短1~2週間程度で社会保険給付金を受け取れる可能性もあります。

    無料で退職代行サービスを提供してくれる業者もあるので、退職から給付金支給までスムーズに進められますよ。

    ▲目次へ戻る

    社会保険給付金サポートを利用する唯一のデメリット

    専門の業者に依頼すれば個人では非常に難しい社会保険給付金の申請をサポートしてくれますが、唯一のデメリットは有料であるという点です。

    依頼する際の料金は個人の状況やプランにより異なるので面談をしなければ正確な金額はわかりませんが、受給金額の10~15%ほどが依頼費用になります。実際にどのくらい費用がかかるのか、月給25万円の事例で紹介していきますね。

    18ヶ月受給した場合28ヶ月受給した場合
    傷病手当金99.6万円298.8万円
    失業手当150万円150万円
    受給金額の合計249.6万円398.8万円
    手数料約25万円約40万円
    受け取れる金額224.6万円358.9万円
    ※手数料10%の場合

    10%手数料はかかってしまうものの本来支給されるはずのお金を受け取れず損をするよりもお得なので、ぜひ制度を活用してください。

    正式にサポートを依頼するまではお金はかからないので、まずは無料でできる受給資格があるかなどの相談や問い合わせをしてみてくださいね。

    ミヤ

    相談や問い合わせは無料なので、手数料が何%なのかも含めて確認してみてください。

    \ 安心の全額返金保証付き /

    ✓ 日本全国どこからでも相談無料
    ✓ プロの知識で数十万~数百万円増額可能
    ✓ 個人では難しい申請をプロが徹底的にサポート

    ▲目次へ戻る

    社会保険給付金に関するよくある疑問を一挙公開

    今まで支払ってきた保険料を利用し給付金を受け取れる制度ではあるものの、まだメジャーな制度とは言えません。

    だからこそ「利用していいのかな」「こんな場合はどうするんだろう」など悩みがつきまとうのは当然のことなので、よくある疑問を紹介していきますね。

    社会保険給付金を受給するデメリットはある?

    失業保険同様に、受給金を受け取っている期間は働けません。

    ブランクが長くなってしまい再就職する際に焦ってしまう可能性もあるので、スキル取得など時間を有効活用すると有意義な期間になりますよ。

    社会保険給付金は公務員でも受け取れる?

    公務員は退職しても失業保険はもらえないものの、社会保険給付金は公務員でも受取可能です。

    うつ病で働けない場合も社会保険給付金は申請できる?

    うつ病を患い長期間働けない方も、社会保険給付金の対象です。

    社会保険給付金のサポート業者を利用して受給できなかった場合はどうなるの?

    受給できない場合は全額返金保証サービスを設けている業者もあるので、利用するなら全額返金保証付きの業者がおすすめです。

    すでに退職した場合は社会保険給付金は受け取れないの?

    退職前から受取準備をしなければ受給できません。

    ただし、サポート業者に依頼すれば退職後でも対応してもらえる可能性はあるので、1度問い合わせてみてください。

    社会保険給付金は聞きなれない制度だからこそ疑問や不安がつきまとってしまうので、退職ししばらく働く予定のない方は1度プロに相談してみてください。

    個人で申請するよりも受給額が数百万円増えるケースもあるので、労働者の権利である保証制度をフル活用してくださいね。

    ▲目次へ戻る

    手続きが難しい社会保険給付金の申請はプロに任せたほうが良い

    社会保険給付金は医療保険の傷病手当や雇用保険の失業手当を使い、働けない期間の金銭面の負担を軽減する制度です。

    公的制度なので誰でも受給できるものの制度自体を知らずに損をしている人が大多数なので、しばらくお金の心配をせずにゆっくり過ごしたい方は受給を検討してみてくださいね。

    まとめ
    • 社会保険に1年以上加入している59歳以下、まだ退職していない人が制度の対象者
    • サポート業者を利用すれば難しい手続きを1からアドバイスしてくれる
    • 制度を知らない、もしくは手続きが難しく利用していない労働者は約95

    社会保険給付金は制度自体を知らない、もしくは手続きは難しく申請できていない人が約95%と、労働者の5%ほどしか利用していない制度です。

    給付金を受給するデメリットは働けないブランク期間が長くなってしまうことだけなので、体調が悪くて働けない方や今後の働き方をゆっくり見直したい方は申請を検討してみてくださいね。

    ミヤ

    社会保険給付金は社労士レベルの知識がなければ難しいので、申請する場合はプロに依頼しましょう。

    \ 全額返金保証つき /

    ✓ 顧客満足度98%達成
    ✓ 1,000人以上のサポート実績あり
    ✓ 相談や受給資格があるか確認するだけなら無料

    社会保険給付金は最大28ヶ月受給できる公的制度なので、退職後のお金の心配をグッと減らせます。

    ただし、社会保険給付金は個人でも申請できる傷病手当金と失業保険ですが、手続きが難しいこともあり書類を用意する段階で挫折してしまう人も少なくありません。申請には社労士レベルの知識が必要だと言われているので、確実に受給したい方は1度プロに相談してみてくださいね。

    SHARE
    • URLをコピーしました!
    目次