看護師がバックレるってどうなの?無断欠勤や退職した場合に考えられる最悪のケースとは

    「このまま仕事をバックレたいな」
    「看護師が無断で退職するなんてダメだよね」

    と思うことはありませんか?

    今の職場を辞めて転職しようと思っていても、人手不足の看護業界では強い引き留で辞められないと悩む人も少なくありません。

    しかし、いくら退職したいからと言って無断欠勤やバックレで仕事を辞めようとするのは絶対にダメです。

    この記事を見ればなぜバックレはダメなのか、今すぐにでも仕事を辞めたい場合はどうすればよいのか詳しくお伝えしていきます。

    無断欠勤や退職は迷惑だけでなく心配もかけてしまうので、きちんと辞める意思を伝えることが重要です。今すぐにでも辞めたいと悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    • 辞めたいのにシフトが決まっている
    • ただでさえ人手不足なのに自分が辞めれば迷惑をかけてしまう
    • 心身ともに限界で、今すぐにでも辞めたい

    辞めたいと感じる理由は人それぞれですが、簡単に辞められない、退職の意思を伝えられないと悩んでいる人は非常に多いです。しかし、無理に仕事を続けていても退職のタイミングを逃すだけでなく、心と体のバランスが崩れ長期間働けなくなってしまう可能性もあります。

    自分で退職の意思を伝えられない人におすすめなのが、上司や同僚と顔を合わさず、最短その日のうちに退職できる退職代行サービスです。

    あなたの代わりに退職の意思を伝え、業者によっては有休消化や退職日の交渉もおこなってくれます。有休のお金を使えば実質無料で退職代行サービスを利用できるので、まずは無料で相談だけでもしてみてくださいね。

    目次

    看護師が無断で欠勤や退職をしたらどうなるのか

    どんな仕事をしていても「今日は出勤したくない」「もう辞めたい」と思うことはありますが、心身ともに負担の大きい看護師ともなれば想像を絶するストレスを抱えながら日々仕事をしています。

    そんなときふと無断で欠勤や退勤をしたらどうなるのか気になってしまいますが、結論からお伝えすると絶対に無断はダメです。

    無断欠勤や退職をした場合
    1. 無断欠勤をした場合
      →出勤しにくくなってしまう
    2. 無断退職をした場合
      →退職手続きができず、いったん保留となる
    無断は絶対
    ダメです

    看護師という仕事に関わらず無断で仕事に穴をあける行為は周りに迷惑をかけ信用を失ってしまうので、絶対に避けましょう。

    今後も看護業界で働くのであれば欠勤や退職の連絡はきちんとしたほうが良いので、なぜ無断で休んだり辞めるのがダメなのか詳しく解説していきます。

    無断欠勤を続けた場合

    たった1度でも無断で欠勤すれば周りのスタッフだけでなく患者さんにもしわ寄せが行ってしまうので、絶対に避けるべきです。

    雇用契約によって違いはあるものの、無断欠勤を続けるとどうなるのか7つのパターンを紹介します。

    無断欠勤を続けた場合に考えられること
    • 雇用契約違反や、労働法違反を引き起こす可能性がある
    • 給与や手当の削減対象となってしまう
    • スタッフの信用を無くし、出勤しにくくなってしまう
    • ほかのスタッフや患者さんに迷惑がかかってしまう
    • 今後の意思確認で、職場から電話連絡や通知が届く
    • そのまま退職する際、有休が消化できなくなってしまう
    • 保険料などの立て替え金を請求される

    無断欠勤をすると周囲の人へ迷惑をかけてしまうだけでなく、給与のマイナスや社会保険料の発生など自分にも不利益が生じてしまいます。

    1度でも無断で休めば出勤しにくくなってしまうので、休む際にはかならず連絡を入れましょう。

    無断で退職した場合

    無断欠勤のまま職場をバックレてしまうと、今後の転職活動に悪影響を及ぼしてしまいます。

    それだけでなく損害賠償請求など法的措置を求められる可能性もあるので、無断退職は絶対に避けましょう。

    無断退職をした場合に考えられること
    • 看護業界で評価が低下し、転職活動がうまくいかなくなる
    • 雇用契約で通知義務がある場合、契約に違反してしまう
    • 損害賠償を請求される可能性がある
    • 社会保険料が発生し続けてしまう

    一定期間一方的に解雇できず在籍中の扱いになってしまうので、社会保険料の発生や雇用保険などの脱退処理ができず転職できません。

    2週間以上無断欠勤をすると懲戒解雇になってしまう可能性もあるので、かならず無断ではなく退職の意思を伝えてから辞めてください。

    ▲目次へ戻る

    バックレる前に!看護師が退職を切り出せない場合の対処法3選

    看護業界は慢性的な人手不足に陥っていることもあり、簡単に辞めさせてくれない職場は多いです。

    無断欠勤やバックレではなく円満に退職したほうが今後も看護業界で働きやすいので、退職の意思を切り出せない場合の対処法を3つ紹介します。

    切り出せない場合の対処法
    1. 人員を補填しやすい時期に辞める
    2. 円満で退社することを諦める
    3. 退職代行を利用して辞める
    この3つが
    対処法です

    就業規則で定められた期間に退職の意思を伝えれば辞められるものの、辞めることを伝えるのはとても勇気がいることです。

    辞めやすい時期は無理矢理ではあるもののバックレず辞める方法をお伝えするので、切り出せないと悩む方は参考にしてください。

    1.人員を補填しやすい時期に辞める

    新年度や年度末などは求人が増えるため、あらかじめ退職の意思を伝えておけば確保する人員を増やしてくれます。

    人員が補填しやすい時期であれば周りに迷惑をかけずに辞められるので、辞める際の精神的負担を軽減したい人におすすめのタイミングです。

    メリットとデメリット
    • 比較的求人が多く、選択肢が広がる
    • 仕事を引き継ぎやすく、スムーズに辞められる
    • 研修プログラムが充実しているため、新しい環境にチャレンジしやすい
    • タイミングによっては半年以上ガマンしなくてはいけない
    • 退職をズルズル先延ばしされる可能性がある

    人員が補填しやすい時期は辞めやすいだけでなく転職活動が有利に進む可能性が高く、今よりも好条件で働ける可能性もあります。

    ただし、新年度や年度末など辞めやすい時期まで待たなくてはいけないため、少しであれば我慢できる人、どうしても円満に辞めたい人向けの方法です。

    2.円満で退社することを諦める

    「求人が増える時期まで待てない」「今すぐにでも辞めたい」と切羽詰まっている場合、円満に退社することを諦めるのも選択肢の1つです。

    労働基準法では2週間前、就業規則では1ヶ月前など退職の意思を示す期間が定められているため、一定期間だけ我慢すれば退職できます。

    メリットとデメリット
    • きちんと筋を通して辞められる
    • 比較的短期間で辞められるため、精神的負担が少ない
    • 退職届を受け取ってもらえない、強引な引き留めにあう可能性がある
    • 短い間とはいえ、嫌な職場に出勤しなくてはいけない
    • 退職するまで気まずい空気の中働かなくてはいけない

    まれに就業規則で退職の意思は3ヶ月前までなど長い期間を設定している病院もあるので、まずは就業規則を確認し辞めるまで耐えられるのかも重要なポイントです。

    きちんと自分で退職の意思を伝え期間をまっとうすれば筋は通せるので、多少であれば嫌な思いを我慢できるという人は円満退社を諦めるのも1つの手です。

    3.退職代行を利用して辞める

    「どうしても今すぐに辞めたいが自分で伝える勇気が出ない」「退職を認めてもらえない」という場合は、退職代行を利用して会社を辞めるのが1番確実で手っ取り早いです。

    代行業者から連絡がくると渋っていた病院も了承せざるを得ないので、確実に退職できます。

    メリットとデメリット
    • 最短でその日のうちに会社を辞められる
    • 嫌な上司や同僚の顔を見ずに退職できる
    • 代行業者が退職の意思を伝えてくれるため、精神的負担が減る
    • 退職するのに2~3万円ほど費用がかかってしまう
    • 先輩や同僚との関係性が悪くなってしまう

    代行業者とはいえ退職の意思を伝えてから辞めるので、無断欠勤をせず確実に退職したい人におすすめの方法です。

    費用はかかってしまうものの有給消化で働いていない期間の給与も支給されるので、退職時の金銭的負担を少し抑えられますよ。

    ミヤ

    有休消化は交渉権がある退職代行業者のみが協議できるので、交渉できる業者がおすすめです。

    ▲目次へ戻る

    無断退職するくらいなら!看護師におすすめの退職代行3選

    無断欠勤や退職をして周りの人に心配をかけるくらいなら、退職代行業者を利用して辞める意思を伝えたほうが病院側も早急に新たな人材を探せます。

    「今すぐにでも辞めたい」という人におすすめの退職代行ですが、業者選びに困ってしまいますよね。そこで、とくにおすすめの退職代行業者を3つ紹介するので、業者選びの参考にしてください。

    おすすめの業者3選
    1. 女性専用の退職代行「わたしNEXT」
    2. 業界では珍しい後払い可能な「モームリ」
    3. 弁護士だからこその安心感「弁護士法人みやび」
    それぞれの
    特徴を
    解説します

    これから紹介する退職代行業者はすべて成功率100%をほこり確実に退職できるので、今すぐ、明日から出勤したくないという人はぜひ利用して退職してください。

    各業者ごとに特徴が異なるので、どのような業者なのか詳しく紹介していきますね。

    1.女性専用の退職代行「わたしNEXT」

    特徴
    • 女性に特化したサービスだからこそ女性特有の悩みも相談可能
    • 連携してる転職エージェントで転職するとお祝い金5万円プレゼント
    • 労働組合だからこそ残業代や退職金の交渉も可能
    運営団体合同労働組合toNEXTユニオン
    費用29,800円/正社員・派遣など
    19,800円/パート・アルバイト
    退職成功率100%
    支払い方法銀行振込
    クレジットカード
    デビットカード
    PayPal
    コンビニ決済
    楽天Pay
    PayPay
    キャリア決済
    翌月後払い
    コンビニ後払い
    支払いのタイミング着手前
    後払い(要問合せ)
    対応時間24時間365日
    問合せ方法LINE
    お問い合わせフォーム
    おすすめの人女性の担当者を選びたい
    何度でも相談に乗ってもらいたい
    転職サポートを受けたい
    公式サイトhttps://taishoku.to-next.jp/w/

    わたしNEXTは女性に特化した退職代行なので、セクハラやマタハラ、女性ならではの陰湿ないじめなど女性の悩みを相談しやすいのが特徴です。

    労働組合が運営している退職代行なので残業代や退職金の交渉ができるので、勤務先とトラブルを抱えている人でも安心して依頼できますよ。

    起業や独立、開業サポート、退職サポートも受けられるので、看護師を辞めてフリーランスや異業種へ転職をしたいと考えている人にもおすすめです。

    ミヤ

    わたしNEXTは女性に特化しているだけでなく支払い方法も豊富なので、当サイトイチオシの退職代行です。

    2.業界では珍しい後払いできる「モームリ」

    特徴
    • 簡易審査や手数料の支払いで後払いが可能
    • オンラインだけでなく都内の店舗で直接相談可能
    • サービス利用後1年間は50%オフの価格で利用可能
    運営団体株式会社アルバトロス
    費用22,000円/正社員
    12,000円/アルバイト
    退職成功率100%
    支払い方法銀行振込
    クレジットカード
    コンビニ払い
    あと払いペイディ(簡易審査あり)
    モームリあと払い (契約日から1ヶ月以内)
    支払いのタイミング着手前
    後払い
    対応時間365日24時間
    問合せ方法LINE
    メール
    おすすめの人退職費用はなるべく抑えたい
    対面で申込をするか決めたい
    退職成功後に支払いをしたい
    公式サイトhttps://momuri.com/

    電話でヒアリングをする業者が多い中モームリは対面またはZoomで顔を見ながら相談できるので、顔を見ながら相談できる安心感があります。

    退職に関わる相談だけでなく転職エージェントやメンタルクリニックの紹介などサポート体制も充実しているので、退職以外の相談も何でもできます。

    他社より費用は安いものの退職成功率は100%を継続しているので、自分で退職は伝えられないもののお金をかけたくないという人におすすめの退職代行業者です。

    ミヤ

    心の病などで長期間働けない場合は社会保険給付金のサポートを依頼できるので、数十万~数百万受け取れる可能性があります。

    3.各種請求や訴訟にも対応できる「弁護士法人みやび」

    特徴
    • 弁護士だからこそ残業代や損害賠償請求などの交渉ができる
    • 退職成功後も無期限でアフターフォローしてもらえる
    • 労災申請などほかの業者では依頼できない複雑な案件も任せられる
    運営団体弁護士法人みやび
    費用55,000円
    追加費用回収金の20%
    ※残業代などを請求した場合
    成功率100%
    支払い方法銀行振込
    支払いのタイミング着手前
    対応時間10:00~21:00
    ※メールやLINEは24時間
    問合せ方法メール
    LINE
    問い合わせフォーム
    おすすめの人弁護士対応の安心感が欲しい
    慰謝料や未払い賃金を請求したい
    退職連絡をすべて代行してほしい
    公式サイトhttps://taishoku-service.com/

    退職代行費用の相場は2~3万円なので弁護士法人みやびの費用は高いものの、法的な請求もおこなえるため安心感があります。

    弁護士以外でも退職の意思を伝えられるものの訴訟や裁判になった場合は弁護士が必要になるので、職場とのトラブルを抱えている人におすすめの退職代行です。

    未払いの賃金や残業代、パワハラなどの損害賠償請求を検討している方は、対応可能なのかも含めてまずは相談してみてくださいね。

    ミヤ

    無料で相談できるので、まずはメールやLINEで問い合わせてみてくださいね。

    ▲目次へ戻る

    看護師が突然退職ってどうなの?退職に関する疑問を一挙公開

    激務の看護師ともなれば辞めたいと思う経験は1度や2度ではなく、人によっては今すぐに辞めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

    ただ、そう簡単に辞められないからこそ悩んでしまいますよね。よくある看護師の退職に関する疑問を紹介していくので、疑問解決に役立ててください。

    退職代行を使って失敗することってあるの?

    退職代行の成功率は業者によって違うものの、100%に近い成功率をほこっています。
    失敗するか不安な場合は全額返金保証があるサービスを選ぶと、安心して利用できますよ。

    関連記事:成功確率はほぼ100%!退職代行利用者の体験談

    新人看護師が辞めさせてくれないときの対処法は?

    退職理由にもよりますが、まだ1人前になっていないからという理由で退職を考え直してほしいと話し合うケースもあります。
    今後のことを思い引き止めてくれているのか、勤務先の都合で引き止めているのか判断して退職するか検討してくださいね。

    関連記事:新人看護師が辞めさせてくれないときに考えるべきこと

    退職届が受理されないとき、どうすればいい?

    退職の申し入れ日から2週間を経過すると雇用関係が終了すると民法で定められているので、受理しないのは違法です。
    しかし、看護の世界で引き止めはよくあることなので、繁忙期を避け強い意志で決定事項として伝えましょう。

    関連記事:退職届が受理されない場合の対処法とは

    よくある看護師の退職トラブルは?

    シフトに文句を言うなと脅される、上司の常識を押し付けられるなど、退職トラブルを経験した看護師は多いです。
    なかには1年も引き止められた人もいるので、自力で辞められない場合は退職代行の利用も検討してみてくださいね。

    関連記事:実際にあった看護師の退職トラブル10選

    有休は消化できないと言われたら諦めるしかない?

    有給は労働者の権利なので、本来であれば残っている有休を退職時に消化できます。
    しかし、1日も有休を使わせてもらえず退職した看護師も多いので、労働者の権利としてしかるべき機関で対応してもらってくださいね。

    関連記事:有給は消化できないと拒否された場合の対処法5つ

    慢性的な人手不足が続く看護業界なので、退職したいと言っても簡単に辞めさせてくれるとは限りません。

    バックレるのはよくないものの辞めさせてくれない場合は労働基準監督署や退職代行サービスを頼ったほうがいいので、強硬手段も検討してみてください。

    ▲目次へ戻る

    責任ある看護師だからこそ無断退職は避けるべき

    激務なうえに周りのスタッフや患者さんに気を配りながら働き、仕事中は心も体も休む暇がない看護師。

    どうしても「出勤したくない」「今すぐ辞めたい」と考えている人は、無断で退職するよりも退職代行を使い辞める医師だけは伝えるようにしましょう。

    まとめ
    • 無断欠勤を続けると退職の手続きが進まず、すぐに転職できない
    • 可能であれば自分の口から退職の意思を伝え、筋を通して辞めるべき
    • どうしても今すぐ辞めたい場合は、退職代行で即日退社するのもあり

    辞めることを決意した場合は退職届を書いて提出しなければいけないので、無断欠勤を続けて退職できるわけではありません。

    嫌な思いをするよりも1日でも早く退職の意思を伝えて新たな一歩を踏み出したほうがストレスから解放されるので、筋を通すためにも辞めると伝えてくださいね。

    ミヤ

    辞めることを悪く言う人は必ずいるので、バックレるくらいなら退職代行を使って辞めたほうがマシだと割り切ると楽になりますよ。

    スクロールできます

    わたしNEXT

    モームリ

    弁護士法人みやび
    特徴女性専用の業者
    5冠達成
    後払い可能
    店舗で面談可能
    損害賠償請求可能
    退職後もサポート
    費用29,800円/正社員
    19,800円/パート
    22,000円/正社員
    12,000円/アルバイト
    55,000円
    全額返金保証ありありなし
    退職成功率100%100%100%
    支払い方法10種類5種類1種類
    退職届PDFで自動作成弁護士監修のテンプレみやびが届出代行
    残業代などの相談可能可能可能
    転職サポートありなしなし
    おすすめの人女性の担当者希望
    何度でも相談したい
    費用を抑えたい
    退職後に支払い希望
    退職を丸投げしたい
    金銭の交渉をしたい
    公式サイトわたしNEXTモームリ弁護士法人みやび
    SHARE
    • URLをコピーしました!
    目次